FC2ブログ

Entries

英語留学は韓国へ!?

中学生の中には、
高校進学後は海外留学したい!と意気揚々に語る者もいます。
実際のところ、
それを軸に置いた進路選択もしているようです。


私なんかから言わせると
(何があったか知らんが)よ~考えとるな~、のひと言に尽きますが、


とはいえ中学生時分に、
留学ができる募集に作文なんぞをせっせと書いて送っていた自分を
思い出したりもします。


そしてそれにことごとく落ちていた自分を…。


人間、何かに落ちて
そこから立ち上がるくらいのふたつやみっつ、…必要ですよね(ま、もっとあるか…)。
面談等でお聞きする声の中には、
落ちた(失敗した)という事実が子どもに耐えられるか、というものがやはり数多くあります。


(大小があるので簡単には言えませんが)
失敗から学ぶことにもっと積極的にならなくては!と思うことしばし。


とはいえ直近の進路指導は別。
シチュエーションが違います。
子どもを取り巻く我々が(ある部分で)リードしていかなくてはなりません。
私流に言うと
道筋を照らす。


そしてこんな照らし方もあるようです。
記事を読むだけでは
何だか魅力的なもの。


はてさて、その中身は。


韓国:英語なら済州島の学園都市で 欧米分校誘致、日本人留学生に照準も


                                 ***

 『海外への早期留学が盛んな韓国で、英語を公用語にした学園都市をつくる国家プロジェクトが進んでいる。リゾート地として知られる東シナ海の済州(チェジュ)島に欧米の小中学校や高校の分校を次々誘致し、国内にいながら“留学”を可能にする計画だ。来秋開校する第1号の学校が生徒募集を始めたが、ターゲットには日本の子供たちも含まれている。日本から済州島まで直行便で2時間程度。隣国での英語教育に日本でも注目が集まっている。

 学園都市の名称は「済州英語教育都市」。東京ドーム約80個分に当たる379ヘクタールの敷地を造成し、欧米の名門私立校の分校を誘致する。13年までに英国、カナダ、米国の学校の進出が固まっており、最終的に小中高校計12校と大学1校に計約1万2000人が通う街をつくる計画だ。政府もインフラ整備に14億8400万米ドル(約1250億円)を投資する。

 各校は原則として欧米出身の教師が英語で授業する。都市内のコンビニエンスストアの従業員をフィリピン人ら韓国語を話せない英語圏の外国人にするなど、学校の外でも英語を話さざるを得ない環境にするという。

 11年9月に開校するのは、英国の私立女子校「ノース・ロンドン・カレッジエイト・スクール(NLCS)」の初の海外分校となる「NLCSチェジュ」。幼稚園から高校まで14年間の共学一貫校となる。ロンドンにある本校は卒業生の多くがケンブリッジ大やオックスフォード大などに進学する名門校だ。

 韓国では97年のアジア通貨危機で国内産業が打撃を受けたのを機に、子供に英語力を身に着けさせて大企業就職を有利にさせたいという家庭が急増した。NLCSチェジュの金哲熙(キムチョルヒ)・代表理事によると、08年に海外留学した小中高校生は約2万7000人に上り、10年間で5倍以上になった。一方で、母親が小学生の子供と一緒に留学することによる家庭崩壊や外貨流出などが社会問題になっており、金代表は「国内で海外留学と同じ環境を提供できれば需要は相当ある」と話す。

 同校は今月、北京や上海など中国4都市と東京都内で入学説明会を開いた。済州島には成田や関西などから直行便があり、福岡なら1時間、成田でも約3時間。金代表は「韓国人50%、日本人と中国人が25%ずつくらいになれば理想」と話す。

 ただ、文部科学省によると、08年度に3カ月以上海外留学した日本の高校生は3190人で、98年度(4186人)の76%と減少傾向にある。授業料と寮費を合わせた留学費用は年間3万5000ドル程度(約300万円)。英米の名門校に留学するよりは低めの設定だが、安くはない。

 15日に都内で開かれた説明会には約100人が参加。中学3年の息子を持つ都内の40代の母親は「ゆとり教育の日本の学校は不安」と話す。同校については「韓国の学校でどの程度正確な英語力がつくのかなど、不明な部分もまだ多い」と悩ましげな様子。

 11年の入学対象は幼稚園から高校1年生。願書は1月21日までホームページで受け付けており、英語による能力検査などで選考するという。』
※毎日新聞『毎日.jp』12/21付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://mainichi.jp/life/edu/news/20101221dde001030065000c.html

                                 ***

フム。
活況(なのか実際のところは分かりませんが)が表面上伝えられる韓国経済。
芸能や家電の部門での盛況がよく知られるところですので、
我々には馴染みのあるっちゃ馴染みのあるトレンド。


私の鈍な認識など笑い飛ばされるでしょうが、
こういったトピックに触れるにつけ
(東)アジアというものを強く考えさせられます。


本当の意味でのミクスチャー、というと語弊があるかもしれませんが、
『人の移動』を予感させる類のイシューです。


済州島というと
日本のメディアにおいてもよく目にする耳にする島。


そんな身近なところに記事内にあるような環境が提供されれば、
好むと好まざるとにかかわらず
耳目を集めるというもの。


地理的な面だけで言えば
京都から東京(実際的な距離は東北地方かな)に行くようなもの。ですよね?


話は変わりますが、最近はトンと目(耳)にしない『○×大学日本校』。
地方に行けば、
捨て置きされたような納屋の壁に
『オロナミンC』の例の看板の横に『○×大学日本校』の看板をまだ見るような気のせいのような。


ま、それはさておき。
こういった試みは静観するのが関の山ですね。
私が生徒なら、積極的には考えないかな。
他意はなし。
どうせなら韓国では韓国語を勉強したいだけですね、ごくシンプルに。
韓国で本格英語。
フム。


フム。
それでは次回まで。
京都市 北野白梅町 個別指導 個別アルファ北野
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/533-39fac18b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

05  04  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾