FC2ブログ

Entries

巨人。大鵬。卵焼き。

寄贈し続け40年、献血運搬車「大鵬号」70台に


先日。このニュースにぶつかりましたが。紹介する機会を待っていました。


つまり。ネタがなくなったときのために。ストックとして。出番まで温めておきました。


こう書くと。何だか自分が嫌らしい人間になったと。寂しくなりますが。


面の皮をゴリゴリに厚くして。紹介差し上げます。


                           ***

 『日本赤十字社の近衞社長に「大鵬号」の目録を手渡す納谷さん(左) 大相撲の元横綱大鵬の納谷幸喜さん(69)が現役時代から寄贈してきた献血運搬車「大鵬号」が70台の節目を迎えた

 納谷さん自身が来年70歳を迎えることなどから今年が最後となり、7日に都内の日本赤十字社で記念式典が行われた。納谷さんは「40年も続けてこられたのは、皆さんの協力のおかげ。現役を引退したとき以上に感無量」と感慨深げに話した。

 大鵬号の寄贈は「巡業先で応援してくれた人たちに恩返しがしたい」という思いから、1969年に始まった。日本相撲協会が献血に協力するようになった際に献血運搬車が足りない実情を知り、1台約200万円の車両購入費用は、しこ名入り浴衣などのグッズの収益金を充ててきたという。

 大鵬号は47都道府県に配備され、総走行距離は約660万キロ。地球165周分に相当する。最後の大鵬号は、納谷さんの住まいがある東京・江東区の赤十字施設に配備される。』
※読売新聞『YOMIURI ONLINE』9/7付けより転載しています。文字装飾は育星舎自修館による。下段の画像も同。

                           ***

20090907-747567-1-N.jpg

現役時代を知らない世代ですが。精悍なお顔立ちですね。


卑近な物言いをすると。パフォーマンスやその類と。決め付けることも可能でしょうが。


実際に「続ける」。これに勝るものはそうありません。


以前。元サッカー日本代表の中田英寿氏がインタヴューにて。『持続可能なチャリティ』という表現を使っていました。つまりビジネスとしての奉仕活動(氏の発言より私が個人的に結論付けた表現です)。


矛盾をはらむ。と。難色を示される向きもあるでしょうが。


「続ける」ことに。私は(できるものなら)倣いたい。


話は飛躍しますが(…いつもか)。道徳問題には。(もちろんのこと)多くの生徒が敏感です。


私見をはばかりなく披瀝するのであれば。道徳問題というよりは。それに付随する『表現(言葉遣い)』に(大げさに書けば)戦々恐々。との印象です。


近代道徳教育が一定の成功を収めている確証。でしょうが。


必要以上に。平等を謳う。イメージを植込む。文言を指導する。現実社会を美化する。あるいは一方だけに注視させる。ことは避けなければならないと信じます。


大鵬の。ほのぼのとした心温まる話から。遠く離れた岸辺まで強引に持ってきてしまいましたが。


(外野の)無責任な長広舌を反省しつつ。


それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/63-c605b62f

トラックバック

[T2] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-09-13 01:27

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾