FC2ブログ

Entries

日曜日を過ごす50の方法 pt.27

先日のあるひとコマ、


通常の学習指導と
あわせて読書の相談もしている生徒(小学生)が授業後に教室の中をウロウロ。


本棚を物色していましたが、
最近敢行した本棚整理によりいくつかの書籍を撤去しましたので、
彼女のお眼鏡にかなうものが残念ながらありません。


私としては『日本の歴史』(小学館)を貸し出したいところですが、
これはまだお気に召さなかった模様。
日頃は、伝記を読むよう働きかけています。


最近は『ハリー・ポッター』を読んでいるようで、
継続して本を読んでいることに感心感心。
だって
本を読むことって簡単なことではありませんよ。


私にとっても同じです。
苦痛でもあります。
「本、だ~い好き!」だなんて
本嫌いの人間にとっては無遠慮極まりないこともはばかりなく放言できますが、
それでも楽な作業では決してありません。


ここを前提にしちゃうと危険ではありますが、
「だからこそ面白い!」とは詭弁でしょうか。
面白味とは辛抱強さというフィルターを通ってのみ到達できるもの、
という文句を残した作家もいますが、


文章、否、文字を読むことは楽ではありません(でしょ? え、靴下を履くくらい簡単!?)。
子どもたちにこんなことを真顔で唱えるつもりはありませんが、
「読め読め」とだけ言っちゃいがちな方には『警鐘』をゴーンと鳴らさせてもらいます。


ゴ~~ン。


…コホン。
閑話休題。


英語を積極的に勉強している彼女に紹介したのがあの『ピーナッツ』(スヌーピーの漫画)。
私は谷川俊太郎の翻訳で親しんできたのですが、
どうやら最近では
さくらももこさん(もちろん『ちびまる子ちゃん』の作者ですね)の翻訳もあるとか。


私の文庫本はあまりにも古めかしいので、
図書館に相応のものがあるといいのですがどうやら。
司書さんに聞きなさい、と伝えてあります。


そんなこんなで『ピーナッツ』。
中高生も楽しめますね。


私はチャーリー・ブラウンがサマーキャンプ(おお、アメリカ)で
ペギー・ジーンという女の子に恋をした巻が好きだったのですが、
タイトルを失念してしまいました
(ご存知の方はご教示を)。


ともあれ『ピーナッツ』は翻訳だけでも
もとい絵だけでも楽しいです。
願わくば
彼女が図書館で『ピーナッツ』に出会いますように。


読書にとって
出会いって大切です。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/663-b0b20a06

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

05  04  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾