FC2ブログ

Entries

震災ボランティアで単位認定!!

今年で66回目を迎える
広島・長崎両市の『原爆の日』。


悲惨な歴史を繰り返さぬよう
我々日本人にとって何とも形容しがたい両日を送りました
(この表現は逃げですね。…言葉は難しい)。


そして今年は東日本大震災。
不用意に脱原発と言っちゃった宰相もいますが(後日、『原発に依存しない社会』と表現されましたが)、
発言のタイミングはさておき
方向性として理想のひとつであることに違いはありませんよね?
原発禍は実際に最悪のカタチで進行しています。


理想は大いに掲げてもらい、目指してもらい、追いかけていただき、
そして現実にも目を向けていく。
実際のところ、原発のない世の中を我々は生きていけるのだろうか。


この疑問符を、私を含め多くの方が背負っていらっしゃることでしょう。
そのシュミレーションを専門家の方々にはさらに具体的に進めていただき、
分かりやすいかたちで提示していただければと思いますね。


言うは易し、なのは先刻承知。
もはや我々は冷笑や皮肉の言葉を必要としていません。


一人ひとりが考えていくことや
組織や社会が動いていくこと、
多くの注ぐべき眼差しを私たちは有効に活用していかなければなりませんね。


ようやく本題にはりますが、
震災ボランティアで単位が認定されるというトピックがありました。


立命大、震災ボランティアを単位認定へ


                                 ***

 『立命館大(京都市北区)は8月から、東日本大震災の被災地などでのボランティア活動を組み込んだ科目を開講する。担当する立命館大サービスラーニングセンターは「被災地でボランティア活動をしたいという学生の熱意を学びに結びつけたい。自発的に考え、実践する人材を育てたい」としている。

 全学共通科目「地域活性化ボランティア」の1コースとして設置した。8月5日に開講、岩手県住田町を拠点に夏休み中の9月上旬、仮設住宅で住民同士のつながりを築く手助けをしたり、子どもの学習・遊び支援、祭りなど地域行事の開催支援に携わる。

 9月下旬からは衣笠キャンパス(京都市北区)で、ゼミ形式で震災ボランティアの意義を研究するとともに、ボランティア参加者や京都への避難者への聞き取り調査、関西でできる支援企画の立案から実施までを行う。

 阪神淡路大震災で学生ボランティアとして被災地で活動し、以降もNPO活動にかかわってきた山口洋典准教授が指導する。42時間以上のボランティア活動とリポート提出で2単位を与える。

 文部科学省は4月に震災ボランティアの単位認定を認める通知を出したが、同省のまとめによると、単位認定をしているのは関西では滋賀大と摂南大(大阪府)だけ。授業に組み込んでいるのは全国でも数校という。』
※京都新聞7/30付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20110730000020

                                 ***

学生たちの動向に関しては穿ったものの見方も出来ますが、
その多くが与えられた機会を十全に活用していくことでしょうね。
何であれ
学生たちのトライアルが復興の歩みを支えるはずです。


彼らの若さや勤勉さが
きっと問題を炙り出してくれて、
震災後の東日本、東北地方、福島の
在り方や進むべき道をじんわりと照らしてくれるはず。


彼ら自身も(言わずもがな)多くを学ぶでしょうね。
それを京都の地に還元してほしいところです。
最良のサイクル(円環)が形成されるのではないでしょうか。


京都で学ぶ若い彼らが、
打ちのめされた地で力強く勇躍している姿を思い浮かべます。
立命館大の英断に
陰ながら支持を表明したいと思います。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/718-7bddace0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾