FC2ブログ

Entries

特色選抜 10%から15%へ!?

気をつけて見ていても
その変化に気がつかないってことはしょっちゅう。


それが声の大きなものであれば多くの人に届きましょうが、
わずかな声量のものであればなかなかタッチできません。


もちろん受けて側の努力は相応必要なのはイメージできます。
しかし実際的な視座というものをきちんと想像すれば、
発信力の不足にも目が向こうというもの。


と、やや批判めいた文言になるのはお許しを。
自身の調査不足や勉強不足、発信力不足は百も承知、もとい痛感。
その上で
子どもやそのご家庭の方々を取り巻く環境をいかにスムースにするかに腐心するだけですので、
片方が片方を目敏く攻撃しているという退屈な構図ではないということは
きちんとお伝えさせていただきます。


前置きがいつもの以上にダラしない長広舌と化しましたが、
本題は表題の通り。


京都府および京都市の公立高校入試にあります
『特色選抜』におきまして、
募集定員の変動がありました。
ま、ビガートピックといえますが、
どちらかというと地味~な類ですね。


少~し勘繰った書き方をしますと、
これまでのパーセンテージに懐疑的な声も聞かれましたので、
現実に即した数値に
知らぬ間に操作されていた、というリアクションも出てきそう。


あくまで生徒や保護者の方たちから
私が受け取ってきた感触(といくつかの高校入試サイト)により書いていますので、
ウワサは単なるウワサであることの公算は大きいでしょうが、


推薦枠の減少化が求められる中、
あえて増加に踏み切った府教委・市教委の意図はぜひ伺いたいところ。
ここはきちんと要求します。
募集要項や広報資料では知る術がありませんでしたので。


さてさて、
これまで賛否渦巻く!?『特色選抜』、
ある専門サイトの説明文を引用させていただきますと、
 
>生徒が自らの能力・適性・興味・関心等に応じて、学びたい事が学べる学校選択を行う事を支援する為に、全日制普通科の内、教育課程や学びの内容等に特色ある学校づくりが進んでいる学校で、その学校の特色ある教育内容に即して、生徒の個性、優れた面だけでなく、特別活動や学校外での活動も評価する選抜方法が特色選抜です。
高校入学後、活動に積極的に取り組む意志のある生徒を評価します。

>類・類型毎に募集定員の10%以内とし、その割合は各高等学校長がきめます。
特色選抜に出願する生徒は推薦選抜に出願する事はできません。

>合否を判定する為に面接・作文(小論文)を実施します。
面接の結果、作文、小論文、出願時に提出する中学校の報告書及び自己申告書を資料として総合的に判断し、合格内定者を決定します。

※以上、京都府高校入試・高校受験情報サイトより抜粋引用


こんな感じです。
で、その募集人員が
平成24年度京都府公立高等学校入学者選抜についてによりますと、
従来の10名から15名へと変更しています(京都市に限る)
京都市教委発表の広報はこちら


ちなみに
α北野の近くにあります府立山城高校Ⅰ類の募集定員は280人。
これまでですとその10%が件の特色選抜にて入学。
よって280人中28人程度。
これが今回の変更により
280人中42人程度に増加。


フ~ム。
こうやって見ると多いな。


ちなみにⅠ類が1クラスしかない嵯峨野高校は募集定員40人。
これまでの枠では4人。
今回の変更により4人から6人。
こう見ると微増に感じますから数字って変なものだ。


機会の拡充は歓迎。
しかし、しかるべき学習を怠った者にも
潤沢な機会を付与するのは何だか疑問。
そうならないような対策を取っておられるとは思いますが。


あえての苦言はより良い環境をともにつくっていきたいから。
それが生きる道でしょ、とはイチ民間企業の塾長の感慨。
表現の至らないところはあらかじめ陳謝します。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/749-5e660600

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾