FC2ブログ

Entries

私立中のプレテスト考

小6「模擬受験」盛況 京都府内の私立中、過半数で実施


                                 ***

 『京都府内の私立中学校で、小学6年生が入試前に本番の想定問題を使ったテストを受ける、「プレテスト」の実施が本格化している。大阪府から波及して昨年から広まり、今秋の実施校は半数を超える。受験生獲得の一手段として積極的な学校がある一方、私学間の競争を激化させるとの懸念も残っている。

■「青田買い」への懸念も

 先月中旬、京都聖母学院中(京都市伏見区)で、女子児童約90人が国語と算数のプレテストを受けた。次女に付き添った同区の主婦(46)は「入試の雰囲気に慣れてほしい。あと2校ほど受けさせたい」と話した。

    プレテスト 入試本番に近い雰囲気で、プレテストに挑む小学6年の女子児童たち(10月中旬、京都市伏見区・聖母学院中)

 プレテストは、本番を想定した出題で、結果を診断して返す。本年度は府内の私立中25校中13校が、受験生を集める手段と位置づけて、10月から12月にかけ無料で実施している。

 華頂女子中(東山区)は昨年の1回から3回に拡大。「学校に足を運ぶことで、受験対象として目を向けてほしい」と力を入れる。龍谷大付属平安中(下京区)は公立中志望者にも配慮した問題を作成した。

 背景には、少子化による受験生獲得競争の激化と、隣の大阪府でプレテストが急速に普及し「生徒を大阪に取られる」と危機感が募ったことがある。「競争をあおる」として自粛を掲げていた府私立中学高校連合会が昨年、方針を翻して解禁した

 ただ、年明けの入試を前倒しする「青田買い」につながらないかとの懸念も根強く、実施を見送る私立中は「小学校現場に影響が出ないか」と気をもむ。プレテストの学力診断を合格可能性として示す学校も多いが、「合格可能性を伝えてしまうと入試が形骸化するのでは」(平安女学院中)と危惧し、基礎学力の判定にとどめる学校もある。

 歯止めとして、同連合会は「プレテストを入試の合否判定に反映させない」として、プレテスト受験を入試の得点に加算するなどの手法をとらないよう申し合わせた。山本綱義会長は「行き過ぎた手法で入試前の獲得競争が過熱すれば、社会的に批判を浴びる。各学校が倫理観を持って自制すべきだ」としている。』
※京都新聞11/14付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20111114000084

                                 ***

良い悪いの判断をする立場にありませんが、
記事の中にもありますように


>プレテストの学力診断を合格可能性として示す学校も多い、
>プレテストを入試の合否判定に反映させない、


という二つの相反するテキストがあり、
保護者の方々がこれをどのように理解するか非常にお困りと思います。


この記事の文章だと
前者がより実状に即していると判断しかねませんよね。
記事を書かれた方は、
その表現こそ穏やかな部分はあれども
実は極めて突っ込んだ内容を示されたと思います。


この認識が実はいたってナチュラルなものなのかは
私が知るところではありませんが、
多くの問題を孕んでいることは否定できません。


学校主導(というか実施)のプレテストというところに
この種の疑義が拭い去れないのでしょうか。


ともあれ学習機会の拡充という側面は大いにあります。
本番さながら、というシチュエーションは決して小さくないでしょう。
そのことを考慮に入れるとプレの意義も声高に否定できませんね。


そしてその意味が余りあるくらいの実施趣旨がきちんと理解され、
文字通り『青田買い(青田刈り?)』にならぬよう、
学校側はステイタメントを公に提出しなければならないでしょうね。


こういったプレテストの類が解禁?されなかった頃から、
受験希望者や広く学力を図りたい小6の児童たちに
ひっそりと(ではないなぁ)模擬受験を実施していた私立中もあります。


そこで中学受験を再考した子どもたちも多くいたでしょうし、
そのテスト会に参加することで学校側とのコミュニケーションにも役立ったはずです。
これもひとつの理想形だと思いますが、はてさて。


上記京都新聞記事の中心的話題は
プレテストが①内定を出すのか、②模擬受験の環境を提供するものなのか。
議論の立場にはない私ですが、
受験生を見守る、応援する人間のひとりとして
やはり注目に値するイシューです。


学習環境の拡充として機能すれば何よりですね。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/818-5e7f0ae6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾