Entries

いよいよ動き出した土曜授業

土曜日授業に関わるトピックやイシューも
当ブログの好物メニュー。


しかし私としては
学習塾として即プラスとは言えないのでは、という立場ですので、


子どもたちの学習環境の改善・拡充という観点のみにより
この話題にタッチしている、というのが実情です。


上のような態度であれ結局のところ
学校側も学習塾側も子どもたちの学習態度を向上させやすくなり得る、
というアドヴァンテージが浮かび上げってきますので、
我々の(生々しいですが)商機やポテンシャルが減少する、
とはいかないのかもしれません。


学習塾という、取り方によっては必要悪になりうる側として、
公教育の改善は(これも取り方によっては)我々に不利益になる部分もあるでしょう。
が、公教育の補完にこそ我々の存在に意義があるという方向であれば
この土曜授業導入是非の問答はよりリアルに響いてきます。


何だか回りくどい表現ですが、
そんなイシューを取り上げているということでご勘弁ください。


たびたび取り上げていまして、
その都度次のセリフを書かせていただいています。
お子さんが土曜日に学校に行く、というイメージを逞しくしてください。
どうでしょう、
アリでしょうか、ナシでしょうか。


土曜授業復活へ検討、小中で来年度指定校で月2回 府教委


                                 ***

 『京都府教育委員会は22日、公立小中学校で休日としている土曜の授業復活を視野に入れた実践研究を来年度に行う方針を明らかにした。学校長や保護者、大学教授らでつくり、土曜教育の在り方を考える検討会議に示し、「実態として多くの生徒や教職員が土曜に学校に出てきている点を踏まえ、授業として実施できるかを探りたい」としている。

 方針では、来年度は研究校を指定し、各校が「教育課程に位置づける授業」か課外活動を選択する。授業の場合は月2回までの土曜午前に限り、公開で実施する。振り替え休日は設けない。

 授業のモデルとして、住民と一緒に取り組む校区の防災マップ作りや親子での環境学習など、土曜の課外活動で築いた地域・保護者との連携を生かす内容を挙げている。

 学校教育法施行規則は「特別の必要」があれば土曜授業を認めており、東京都教委は昨年1月、小中学校で月2回を限度に容認した。栃木県教委も今年1月、同様に認める方針を示している。

 検討会議では、土曜授業導入の課題として教員の休み確保などを挙げており、一年間の実践研究を通して授業と課外活動を比較したうえで、土曜の活用方針を決める。

 学校週5日制は、「ゆとり教育」をうたった学習指導要領を受けて2002年度に完全実施された。府内では多くの小中学校が、土曜に自由参加で体験活動や補習を行っている。一方で、今春から順次実施されている新学習指導要領で学習内容が増えたため、学校現場は、夏休みの短縮や平日の授業時間数を増やす対応を迫られている。』
※京都新聞11/23付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20111123000011

                                 ***

土曜日を活用した教育の在り方について 京都府教委HPより


学力云々による土曜実施はさておき、
どうも情操教育が前面に来るようですね。
それについて異論を挟む立場にもちろんありません。


楽しい催しが毎土曜に控えているとなると最高です。
しかしあくまで経験則から意見を出せば、
そういった類の(まあ、時代もあるでしょうが)退屈なことったらありません。


それらを退屈って言っちゃう私の程度も分かってしまいますが、
上にも書いたように
今ではフレンドリーなものになっているのでしょうか。


はてさて、
子どもたちから非難の怒声が出てきそうですが、
私なら
平日にこそ通常の(教科書を用いた)学習をして、
土曜にリスニングとかディベートとかNIEとか、
などなど、流行りの横文字の取り組みに精を出すのはどうだろう、という企て。


朝学習(その他名称)の形骸化には警鐘を鳴らさなければなりません(一部だけかな?)。
平常授業における教科書外の取り組みが中身を伴っていない印象を受けます。
強引に押し込んで、強引にペーパーテスト化させる、という思惑が透けて見えて仕方ありません。


せっかく面白い、あるいは有益な取り組みをするのなら、
もっと絵図というのかイメージを共有して進めたいところです。
そのギャップを解消する土曜日、というのはいかがだろうか。
はてさて、
いつものごとく勝手なことばっかですね。


言うは易し、にならないようにしなければ。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/825-5214bac3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾