Entries

戦地で子どもたちの道筋を照らす取り組み

日曜日、
我が国のテレビ界に視線を投じれば
子どもたちが愛好するプログラムが目白押しですね。


朝早くから
ヒーローものや人気アニメに、女の子向けのもの(こういう分類も古いのかな?)。
夕方には
国民的アニメ番組も控えています。


これが当たり前。
私の子供時分も同様の日曜日だったように記憶しています。


これが良いのか悪いのかなんてまったくもって分かりませんが、
日曜日の恒例として習慣化しているあたり、
(善悪論には退場していただいて)非常に意味のあることなんじゃないかなと考えます。


大袈裟でも何でもなく、
こういった土壌が今日の日本の現代的な文化を下支えしているのでしょうし、
言い方を変えれば子どもたちに対する影響力の強さも言及できるでしょう。


ちょっとばかり品がなかったり思いっきり品がないものには
容赦ない批判が集まりがちですが、
概して多くの日本人にとってアニメは受容できるものだと、私は(牧歌的に)考えます。


しかしもちろんところ変わればそれも通用しない訳で、
多くの国や地域で、特に政情が不安定なところでは尚のこと、
娯楽と言えるこういったものが許容されていないことでしょう。


あまりに商業的な面が見え隠れする分野でしょうから
懐疑的な方もいらっしゃることでしょうが、
子どもたちに与える幸福感は何物にも変えられないんじゃないかな、とも思います。
その幸福感ってのが
人に前を向かせるパワーがあるんだと信じています(安っぽいセリフで大変恐縮しますが)。


アフガンで「セサミストリート」放映開始へ、教育への好影響期待


                                 ***

 『アフガニスタンで12月1日から、米人気子ども向け番組「セサミストリート」の放映がスタートする。番組の制作会社がアフガンのテレビ局2局と教育省などと提携して放映にこぎつけた。

    sesami.jpg

番組はアフガン人の生活を基にしたストーリーで構成され、エルモら米国版の人気マペットキャラクターも登場する。同番組はダリー語とパシュート語の2カ国語で放映され、在カブールの米国大使館から資金援助を受けるという。

ダリー語版を放映するTOLOテレビのマスード・サンジャル氏は会見で、就学児童が3分の2以下というアフガンの教育事情を説明。その上で、番組を放映することによって、アフガンの子どもたちの学習に対する情熱を高めたいと述べた。

ライアン・クロッカー駐アフガン米国大使は、「『セサミストリート』を見るアフガンの子どもたちは、文字や数字を習得した段階で就学することが可能になるはずだ」と語り、番組が教育界にもたらす効果に期待を寄せた。

(写真)11月30日、アフガニスタンで12月1日から、米人気子ども向け番組「セサミストリート」の放映がスタートする。写真はアフガンの子どもたちとセサミストリートのキャラクター、アーニーとグローバー。カブールで撮影』
※英語.com12/2付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://eiga.com/news/20111202/12/

                                 ***

思わず頬が緩むトピックです。
成功を祈らない訳にはいきませんね。
もちろんセサミは商魂逞しく、資本主義のアイコンでもありましょうから
反発が出てもおかしくありませんが、


子どもたちが喜ぶ姿が容易に浮かぶって事実(真実って書きましょうかね)は看過できません。
それって大きいですよね。
あるかないか、そらあった方が断然いいですよ!


これらをもってして子どもたちの想像力を殺している!
とかのもっともなご意見もあるでしょうが(フウ、やれやれ)、
私はその立場に決して立ちません。
そんな靴は履きたくもない。


…コホン。
当ブログでもはばかりなく開陳しているように
私は大の漫画好き。こういったトピックは私見が出すぎます。


ともあれ今日は日曜日。
お子さんが楽しんでいるテレビ番組と、お子さんとの関係をお考えください。
もちろん目を逸らしたくなるようなケースもあるでしょうが(笑)、
こういった関係が成立していないシチュエーションもあります。
それを不幸と呼ぶことに私は躊躇しません。


アフガンの子どもたちが心から楽しむことを期待したいですね。
政治や思想の問題はさておき、です。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/833-4c05eb50

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾