Entries

入試と携帯電話 一発レッドカード!!

この冬に巷間を騒がせた
入試問題のネット投稿問題。
大震災を経て
ずいぶん前のような感慨にもなりますが、
確かにこの春先、震災を前後する時期に起こったイシューです。


結果どうなったんだったっけ?
たしか脳科学者の茂木さんの京大に対する辛らつな発言が取り上げられたよな、
とか思いつつ、
いくつかネットに当たってみますと
(その界隈では『大学入試問題ネット投稿事件』という禍々しい呼称なんですね)、


まあ大小の情報にたどり着けます。
最終的には大学側の反応にも批判が集まり、
犯行というのか投稿した受験生に対する同情論も聞かれましたが、
結果山形家裁は7月7日付けで不処分という形で一応の収束は見られたようにも思います。


今、改めて浮上するのは
情報通信技術の進歩に対する完全なる遅れですよね。
よってやはりこういった事象になるのは致し方ないといったところでしょうか。


試験中に携帯使用失格 京大が入試不正対策


                                 ***

 『京都大は8日、2012年度の学生募集要項を発表した。今年2月の入試問題インターネット投稿事件を受け、試験中の携帯電話使用で失格にするなど不正行為の内容と対応を明記した。

 要項では、受験の注意事項で、携帯は試験場に入る前に電源を切り、かばんに入れるよう指示している。

 受験資格を失う不正行為として、試験中の携帯電話や電子辞書使用▽カンニング▽カンニングの手助け-など8項目を列記。不正行為とみなす恐れがある行為として、携帯電話を身につけたり手に持つ▽試験中に長い間、机の下や服のポケットに手を入れる-など3項目を挙げ、試験監督者がその場で文書で警告するとした。

 松本紘総長は「入試で真面目にやった人がずるいことをした人のために落とされることがあってはならない。みんなが堂々と受験してほしい」と話している。

 募集要項は12日から配布。京大入試企画課TEL075(753)2521。

【失格となる不正行為】

(1)受験票に他人の写真を貼ったり、解答に他人の名前や受験番号を記す。

(2)カンニング(カンニングペーパーを使ったり、答えを教わる)

(3)他の受験者に答えを教えたり、解答冊子の交換してカンニングを助ける。

(4)試験中に問題や解答冊子、下書き用紙を試験室から持ち出す。

(5)解答開始の指示前に、問題冊子を開いたり解答を始める。

(6)試験中、携帯電話や電子辞書などを使う。

(7)試験中、定規やコンパス、電卓などを使う。

(8)解答終了の指示に従わず、解答を続ける。

 【不正行為とみなす恐れがあり警告する行為】

(1)試験中、携帯電話や電子辞書、電卓などをかばんにしまわず、身につけたり、手に持つ。

(2)解答冊子の見せ合い、話し合い、のぞき見などが疑われる行為。

(3)試験中に長い間、机の下や服のポケットなどに手を入れる。』

※京都新聞12/9付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20111208000125

                                 ***

(特に大学入試において)試験当日に携帯電話がないというのは
現実考えられません。
我々が携帯電話ナシで会社勤め、あるいは毎日の生活ができないのと同じです
(細かな設定・条件に対する文句なきようお願いします)。


こうなってくると通信の親元(サーヴァー)によるコントロールが議論に挙がりましょうが、
それが法的に可能かどうかとなると
長く曲がりくねった道を歩かなければならないような気もします。


個々の大学に委ねられる問題ではありませんね
(現状はそうするしか手立ては思いつけませんが)。
これは完全に社会的、構造的、重層的な課題を孕んだイシューだと思います。


未成年の携帯電話(あるいは情報通信機器)使用に関わるレストリクト(制限)は
そう簡単に施せないのでは、というのが私の立場。
モラルが市場のモティヴェーションの優位に立つとは想像できません。


ここにリミッターを設置できるかどうかは
覚悟の度合いですよね。
理想主義でも現実主義でもナンチャラ主義でもありませんが、
その覚悟を示せるかどうか、
あるいは示さないか。


京大は現実路線に踏み切ったと思います。
至極まっとうな措置だと思います。
現状で出来る最も効果のある方策のひとつだと思います(…回りくどい物言い)。


(不幸にも)当事者だった京大が一手を示しました。
他の学校がどのように動くかは注目です。
もちろんそれは大学受験のみならず、
比較的管理がしやすいであろう中学受験や高校受験も然り。


教育とテクノロジーというトピックをこのブログでも再三取り上げていますが、
これもまたその側面。
我々の前に立ちはだかる決して小さくない課題です。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/837-9fb9faf0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾