Entries

ナニ!? 全国学校給食甲子園!?

過日、
ある見出しにビビっと反応してしまいました。
クリスマスにマッチするかどうか分かりませんが、
紹介差し上げたいと思います。


巷には
『○○甲子園』のトピックが林立していますが、
それでも面白いですよね。
あまりピックアップされなかった分野にライトが当たるとなると
それは大いに励みにもなるものでしょう。


そういった機会が増えることは大歓迎。
もっともっとあればいいと(無責任に)思います。
で、今回は『ナニ甲子園』でしょうか。


第6回 全国学校給食甲子園 決勝大会


                                 ***

 『全国の学校や給食センターの栄養教諭や調理員が2人1組となって地元の食材を活用した献立で競う「第6回 全国学校給食甲子園」(主催/NPO法人21世紀構想研究会)。その決勝大会が、11月5日・6日の両日、女子栄養大学駒込キャンパスで開催された。

 過去最多応募被災6県2割増

    学校給食1 制限時間1時間で調理を行う

 今年は東日本大震災の影響が懸念されたが、応募総数は過去最多の2057件で、宮城や岩手など被災した6県からの応募は昨年より2割も増加した。

  その中から第1次選考から第3次選考までの書類選考を勝ち抜いた、全国6ブロックの代表12校(センター含む)・24名が決勝大会に進出した。

  決勝大会は手洗いから厳しく審査され、調理は1時間という制限時間内に、献立を完成させる。栄養教諭・学校栄養職員と調理員が2人1組で調理にあたるが、時間の超過は減点対象となるので、ミスが無いように声を出し、行程表を入念にチェックしながら迅速に進められる。

  審査員は各チームの様子を見て回り、水道のレバーをひじで押しているか、調理台は汚れていないかなど細部まで審査する。いつも使っているコンロとは火力が違うので料理を焦がしてしまうなど苦戦しながらも、12チームの料理は完成。

  審査員の一人、(社)全国学校栄養士協議会の市場祥子会長は、「学校給食は生きた教材で、給食を食べることで正しい食のあり方を学ぶことが求められます。そうした意識が栄養教諭にも浸透してきたので、回を重ねるごとに質が高まっています。決勝大会の出場者のレベルは高いものですが、このレベルを点から線、そして面へと全国に広げていくことが求められます」と仲間の活躍を見守った。

 2057チームの頂点に輝いたのは、和歌山市立名草小学校で、献立は、「ごはん」「牛乳」「酢の物with鯖フライ」「さつまいもの磯煮」「紀州汁」「みかん」。「酢の物with鯖フライ」は保護者からの応募で生まれた献立で、酢の物や魚が苦手な児童も、地域で栽培されている布引大根を鯖の上に乗せることで美味しいと好評。

  土井登世学校栄養職員と山中恭子調理員は、「布引大根を日本一にして全国に広めてきて」と子どもたちに言われて送り出された。

  土井学校栄養職員は「毎日のように打ち合わせを重ね、制限時間内に完成するように2分刻みのタイムスケジュールを組んで臨みました。総合的な学習で布引大根を全国に広める方法を子どもたちが考えているところなので、この優勝が学習の励みになればうれしいです」と喜びを語った。

 審査副委員長である女子栄養大学短期大学部の金田雅代教授は、「衛生的な調理という観点では、帽子から髪の毛が出ていたり、布製のふきんを使用したことで減点となるところもありました。また、作業終了後に調理台の下を見て回ると、汚れているところと、きれいに片付いているところがありましたが、日頃の実践の成果が出たものと思います。地場産物は、それぞれの持ち味が見事に生かされていました。味付けは、どのおかずと組み合わせて食べてもおいしく、審査委員全員が素晴らしいと評価した。優勝チームは、紀州汁の梅干がおいしく、鯖のフライの上に千切りにした大根を乗せるという使い方がおもしろかったです」と講評した。

=決勝大会の結果=
    学校給食2 【優勝】和歌山県・和歌山市立名草小学校
    学校給食3 【準優勝】高知県・大月町立大月中学校
    学校給食4 【女子栄養大学特別賞】香川県・観音寺市大野原学校給食センター
    学校給食5 【21世紀構想研究会特別賞】岐阜県・海津市学校給食センター

【入賞】右記4校、岩手県・平泉町立平泉小学校、福島県・南会津郡只見町学校給食センター、茨城県・筑西市立下館学校給食センター、群馬県・沼田市白沢調理場、長野県・小諸市立東小学校、富山県・県立富山総合支援学校、鹿児島県・県立鹿児島盲学校、沖縄県・竹富町立小浜小中学校 』
※教育家庭新聞11/21付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.kknews.co.jp/kenko/2011/1121_4a.html

                                 ***

おいしそうだなぁ。
給食ってやっぱり憧れます。
当時はあって当たり前のものでしたが、
よ~く考えると
最高の食事。
※おんなじようなこと書いています 先生だって給食が食べたいぞ!! 2011年11月14日付


ともあれ紀州汁。
こういったローカルメニューが私の大好物(食べるのではなく『知ること』が)。
好きだな~、訳の分からないメニュー。
紀州汁って!
正体不明ですが…、食べたい!!


こう言っちゃなんですが、
ローカル好きはきっと学習効果を生みます(私は…、比較対象外!)。
だってニッチ志向って(失礼!)
結局のところ知的好奇心の発露でしょ?(これも私は比較対象外でお願いします!)


おいしそうな給食の画像を見てホッコリ。
アルマイト食器ではなさそうですが(アレが懐かしい!)、
ともあれ心が温まるトピックですね。


(今更ですが)給食大好き!
メリー・クリスマス!
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/840-b69db985

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾