Entries

国費で英検が受けられる!?

国費ってようは税金ですよね?
というレベルの確認からで申し訳ありませんが、
まあ、表題の通りです。


中高生、国費で英検受験…まず各都道府県8校


                                 ***

 『文部科学省は2012年度に各都道府県で公立中学校・高校計8校程度の生徒に、英語検定試験などを国費で受験させる事業に乗り出す。

    英検

 半数は外国人教員らによる英語指導を充実させた「拠点校」に充て、一般校の成績と比較する。英語力の底上げに向け、指導法の改善につなげるのが狙いだ。

 文科省が公立中高生に、民間の英語試験を国費で受けさせるのは初めて。日本英語検定協会が運営する英検の場合、中学卒業程度の3級で検定料は2500円程度。学力調査が目的のため、受験しても英語能力の資格は付与しない。

 文科省は都道府県の希望に応じ、原則として中学2校、高校2校の計4校ずつを拠点校に指定し、英検受験の対象校とする。そのうえで、各県に中高同じ数の一般校を選んでもらい、8校態勢で受験させる。ただ、拠点校が4校に満たない県があれば他県分を増やす。

 拠点校では、英会話のクラブ活動などを通じ、授業以外でも英会話に触れる機会を大幅に増やす。指導法の効果は一般校との成績比較で検証する。

 拠点校指定や英検活用の背景には、「『使える英語』の教育が遅れている」(文科省幹部)との判断がある。日本は、英語能力試験「TOEFL」の国別比較(2010年)で、アジア30か国中27位と著しく低い。文科省は事業を5年は継続し、拠点校も増やしたい考えだ。』
※読売新聞1/8付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120107-OYT8T00556.htm

                                 ***

まずは
「TOEFL」の国別比較(2010年)にて、なになに?
アジア30か国中27位、とな。


ちなみに『英検とTOEFLとTOEICの違い』は、
検索にて簡単に分かりますので興味のある方はどうぞ。
上の『』の中の文言を検索窓にドラッグ&ドロップしてもらえれば一発でしょう(ね?)。


何!?
30か国中27位!?
(遅っ!!)


まあ、トーフルは(北米)留学予定者向けの英語能力の判定テストですので、
言い訳を並べればいくつか思いつけますが、
それにしても日本以下の国を見ますと(失礼ながら)ため息もチラリ。


とはいえ自国の言語で事足りる現状があることのスゴさにも目を向けましょう。
もちろんこれからは多言語・多民族の生活が(数年後には)待ち構えているのでしょうが、
母国語が疲弊しながらも国際的な場で力があることには
先人たちの努力に感謝するしかありません。


国粋主義やら何チャラ主義イズムでは決してありませんが、
そういったシチュエーションには感謝こそすれ悪態をつこうなんて夢にも思いません。


「活きた英語が使えない」なんてしたり顔でのたまう向きもありましょうが、
生活環境、生きていく上で必要不可欠ではない現状、
国際交流や学問・文化としての英語が先頭に来るのは至極ナチュラル。


闇雲に日本式の英語教育を批判しても仕方ないでしょ。
と、私が言っても仕方ないし、
だからと言って私が現状の英語教育を推奨しているかというとわりに真逆の位置にいたりします。


とまれ国際的に揶揄されるのは我慢できませんね。
これを機にこういった(いわゆる)テストに一般成人も参画する、
というお触書も出てきそうな予感!?


かつ世界に目を向けていく子どもたちがこれまで以上に増えていくことでしょうね。
プロサッカー界の現状を見れば納得しません?
そこらあたり、日本の教育の成果は確実に出ていると、私なんかは小さく拍手するのですが…(甘い?)。


英語指導の道は長く、そして曲がりくねっているなあ。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/863-fc13b948

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾