Entries

大学に行けばこんな勉強ができるぞ! pt.3

大学全入時代とかつて騒がれましたが、
実際の進学率は5割程度でしょうか。


5割!?
2人にひとりじゃん!?


ってなるような中3受験生は想像力がしっかりしている。


1億人のうちで5千万人、なんてイメージで
結構少ないかも…って解釈しちゃう生徒は(想像力たくましい)現実逃避派。
え!?50%なの!?
多っ!!
ってのが(不勉強な)私の正直な感触です。


そうです、高校進学を決心した段階で、
大学進学の検討も始まっていると言い切ってしまいたくなるような数字なんです。
ちなみに高校進学率はすでに1974年で90%を超えています。


ということは
子どもたちには大学進学も検討に入れた高校選択が必要になってきます。
これは当ブログにて繰り返し述べていること。


そして(矛盾するようですが)大学進学だけが進むべき道ではなく、
より相応しい道も数多くあるであろうとは口では容易に言います。
ではそれが何か?となるとなかなか言い表せません。
たくさんあるのでしょうし、そういった視座をきちんと持つべきでしょうが、
…いやはや難しいです。


それを決めるのが自分自身だということしかもはや言えません。
大事なのは
これを言い続ける人が果たして彼/彼女の周りにどれだけいるか、ということ。


そして本稿(「大学に行けばこんな勉強ができるぞ!」)も3回目。
大学に行けばこんな勉強ができるぞ!pt.1 2011年11/24付 立命館大学(産業社会学部等)の取り組み
大学に行けばこんな勉強ができるぞ! pt.2 2012年1/9付 京都産業大学(理学部)の取り組み
学生たちのいろいろなチャレンジや研究を追いかけていき、
おもに中学生たちに
大学に行けばこんな勉強ができるのか!と目を輝かせたいと奮闘しています。


ママも気軽に英語学ぼう 同大生らカラオケ店で教室


                                 ***

 『英語が苦手な母親やOLを対象にした英会話教室を同志社大生2人が、京都市内のカラオケ店を会場に開く。交通の便がいい繁華街にあり、安価で借りられる利点を生かし、少人数で楽しみながら英語を学べる機会作りを目指す。学生は「買い物帰りにでも気軽に英会話に触れてほしい」とアピールしている。

 「E-MamaCafé」で、同大学2年東希望さん(20)=中京区=と1年林奈穂さん=京田辺市=が企画した。

 本年度から外国語活動が必修になった小学校高学年の子どもがいる家庭で、英会話を通じてコミュニケーションを深めてもらおうと、2人は昨年11、12月に母親向け少人数英会話教室を開いた。1月以降の継続を望む声も多く、好評を得た一方、場所の利便性の低さや時間の要望も多く寄せられた。

 2人は、繁華街の利便性に加え、昼間に空き室が多く、料金も1人数百円程度と安価なカラオケ店に着目。学生の就活を支援する「平成夢学塾」(森茂樹代表)の指導を受け、あらためて女性対象に会員制で教室を立ち上げた。

 当面は中京区河原町通四条上ルのカラオケ店を会場に、今後は四条烏丸や京都駅前でも行う予定。カラオケ店を敬遠したい人向けに、四条烏丸などに別会場も設ける。主婦向けを日中に、社会人向けに夜に、1時間あたり1500円~2000円程度の料金設定にした。

 林さんは「教室というより『英会話コミュニティー』と考えており、1回を5人程度の少人数で多く会話ができるようにしたい。カラオケ店なので英語の歌を練習するなど違った楽しみも提供したい」としている。

 会員のほか、講師も募集している。問い合わせは平成夢学塾TEL075(811)3949。』
※京都新聞1/13付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20120113000053

                                 ***

起業というタームがあまり身近ではなかった私の学生時代、
自身の可能性について在学中にあまり顧みなかったことは否めません。
しかし今では
多くの学生、若者たちがいろんな機会をつかまえて
さまざまなアクションを起こそうとしています(まあ、私を除く昔も…でしょうが)。


人気作家の村上龍さんの諸作でも若者たちの起業(というか何と言うか)がモティーフとなりました。
その西暦2000年の前後と記憶していますが、
ヴェンチャーという記号が躍ったのも特記事項でしょうね。
そして現在のそのムード、風合いだけ見ても
(良し悪しはこの際置いといて)教育の賜物としかいえないと思います。


最近は当塾宛にある大学院生のグループより
何だか面白げな商談を頂戴しました。
担当をしているので彼らの視野の広さに学ぶ気持ちです。


かつそのある種向こう見ずなアティテュードが清々しい。
アイデアを携え、
気持ちで押し切り、
そして学ぼうという気概が美しい。


私の学生時代と比較しますと
何ともはやの逞しさ。


いつの時代も最近の若者はと揶揄されましょうが、
ところがどっこい
世界が飛躍的に広がっている昨今の若者は抜け目ない(!?)。


我々大小の国内企業を通り越して
まだ見ぬ世界へと悠々易々と飛び立とうとしています。
いま思いついたアイデアが自国では受け入れられがたいものであれば、
それがポテンシャルとして横たわっている海外へと足を向ける。
それも即。


もちろんアジアの市場がこれほどまでに開かれたゆえもありましょうが、
(ここで結び)
中学生たち、
大学では本当に自分を試せる勉強ができるぞ。


研究に進む者もいるだろうが、
起業のシュミレーション(あるいは実際の起業)もできる。
それもこれも
いまあなたたちが取り組んでいる勉強の延長線上にあるもの。


「大学に行って金儲けする!」っていうスタンスも今後大いに受け入れられるでしょう。
もちろん本業は勉学。
実社会が勉強の連続だと思い知ることも大事ですが、
学生時代の勉強量が多くの物語を有しているのはご想像の通り。


さあ、今日も張り切って勉強しよう!!(強引?)
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/871-d76a6d73

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾