Entries

これぞ温故知新! 中学生、お見事!!

多くの中学校で一昨日から学年末テスト。
本日はその3日目最終日。
昨晩はちょっと気が抜けた生徒もいるでしょうね。


これくらい…の息抜きが命取りにもなりえます。
それを看過する環境も状況を確実に見誤っていると思います
(こう書くとまたぞろ苦言を頂戴するでしょうが、
府教委のHPにも家庭学習をさせろと明記されていますのでご勘弁を。…ダメ?)。


ともあれひと区切りのついた中学生の新たな視線の行方を
周りの年長者や保護者が示さなければいけない時期です。
この時期を何となく逃しますと
(夏休みの宿題を残す子どもではありませんが)そのツケが雪ダルマ化していくだけですね。


分かっちゃいるけど…の悪しき連鎖を断ち切らなければなりません。
それが容易でないことくらい誰だって分かります。
私なんかは毎日のようにつぶやくセリフです(情けなや!)。


そして子どもたちには、例えばご自身に痛い思い出がおありならば尚更、
それを説いていく覚悟が必要でしょう。
言うだけ番長の様相を大いに呈していますが(笑)、
こういったことを生意気にも書きつつ
書き手も結構苦い感情を抱いていることをご承知いただければ幸いです
(自身と大いに対峙せざるを得ない瞬間ですので)。


閑話休題。
テスト終了後、そしてテスト結果返却後、
3月からの(学習塾にとっての)新たな新年度をどのように迎えるか
お話の機会を頂戴できればと考えています。


ある生徒が
テスト期間中に大いにハッスルしてくれたのですが、
しかし彼の口からは終始ネガティヴな発言。
場の雰囲気を貶める一連の発言をたびたび指摘、注意、励ましましたが、
結局はしかるべきヴィジョンを提供できないままテスト期間を終えることとなりました。


悔しくない。
別にそんなに高い点を取れなくてもいい。
気にしない。


こういった思考(それが彼自身の感情の弄びであれ)を劇的に変えさせることは
今のわたしには出来ないのが正直なところです。
よってご家族や学校がトライされている方向に沿うような形で、
結果的に私にしかできない応援を少しでもしていければと考えています
(おこがましい限りですが、その自負がなきゃこんな仕事できません)。


視線の先にやはり明るいこと、目指したいこと、挑みたいこと、
そういった目を見開いてしまうようなものを設定できたら最高ですね。
それが非常に難しいことくらい鈍感な私にでも分かります。


夢を掴もう!なんて安っぽい煽り方はご免です。
しかしそれを(大人が)ただ鼻白んでいては何も変わりません。


テスト結果をもとにどういったお話ができるか、
不安半分、期待半分。
ウ~ム、正直なところ
不安7に期待3……かな。


中学生が活躍するトピックを拾ってきました。
こういった視座を私なりに子どもたちに提供できれば
何も言うことはないんだけどなぁ。


自分にできること、考えていきます。


藻がイネの成育促進 甲賀の中学生、言い伝えを実証


                                 ***

 『甲賀市の甲南中科学部の生徒たちが、県内の農家で「イネの成長に良い」とされてきた藻の一種サヤミドロが、実際にイネの生育を促進させていることを突き止めた。他のミドロ類ではこうした効果がないことも分かり、言い伝えを実証した。

 地元の農家からサヤミドロの話を聞いた部員25人が、2年前から採集や実験など手分けして研究を開始。

 プラスチックのカップでイネを育てる方法で、まずはサヤミドロと似た種類のアオミドロやアミミドロなどと比較した。サヤミドロを入れたカップでは、加える量が多いほどイネの成長を促進していることを確認。成長量を示すイネの葉の長さは入れない場合に比べ、約2・3~5倍大きくなることが分かった。

 成長が早まったカップからは、栄養となる高濃度のアンモニウムが検出され、イネの生育につながったとみられるという。サヤミドロの隙間に生息するラン藻類が空気中から窒素の供給している可能性があるとして、研究を続けている。

 前部長の澤田勇輝君(15)=3年=は「地道な測定の積み重ねだったが、部のみんなと一緒に頑張れた。サヤミドロの活用でコメの収穫増加や農薬を減らすことなどにつながればうれしい」と話している。』
※京都新聞1/24付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20120124000121

                                 ***

25人在籍という科学部に驚いた私です。
多いですよね?え。そんなもの?
へぇ~……。


…それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/880-e9ddf574

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾