Entries

大学に行けばこんな勉強ができるぞ! pt.4

このシリーズも着々とテキストが増えてきました。
本当はもっと以前からこの類のトピックを取り上げていましたが、
『大学に行けばこんな勉強ができるぞ!』的発想が見出せず
単なる大学の情報として提出していましたので、
こうやって紹介することができて私も一層楽しくなりました。


このカテゴリの枕としていつも書いている気がしますが、
このテキストは対高校生というよりは
対中学生(の親御さん)。


その心は、
ズバリ高校選択ですね。
これも何度も書いているので繰り返しにしなりますが、
選ぶ高校で出口が(ムチャクチャ乱暴に言って)決まってきます。


もっと正直に書きますと、
高校選択の本気度がその後の進路を規定する、と言ってもいいかもしれません。
そして多くの中学生がそのことに直面できないのはご承知の通り。


それを引っ張っていくのがご家族の方であったりするのですが、
気持ちの込められないお子さんをリードすることは容易でありません。
お子さんの気持ちを少しでも前に向かせることに苦慮されていることでしょう。


その一助となるようこのシリーズを企画しました。
高校でできることをお伝えすることも必要でしょうが、
より具体的に、主体的にアクションが起こせるのは大学進学後。


その絵図を一つでも多く紹介することで、
子どもたちの視線を一歩前進させられればと思います。


第4弾の今回は
起業体験などの参画型教育プロジェクトとも言える取り組み。
京都精華大学のデザイン学部をピックアップ。


デザインを学ぶ学部学科だとしても、
そこに商業性や経済を見渡す視点が欠落してしまいますと
単なるお絵描きにもなってしまいます。


WEBデザイナーとかってよく見聞きするであろう中高生。
何だかカッコいい、くらいの印象かもしれませんが、
その卵たちはこんな勉強もしているのだよ。


京都精華大生考案の飲食店登場 第1弾は「もち料理」


                                 ***

 『京都精華大の学生が週末限定で飲食店を開くプロジェクト「デジクリフード2012」が京都市下京区五条通高倉角のカフェを借りて行われている。金~日曜に、週替わりで学生が考えた計3店がお目見えする企画。1店目として29日まで、もち料理の「もち馬鹿」が出店している。

    精華大学 カフェを借りきり、学生が開いている飲食店。29日まではもち料理の「もち馬鹿」がオープンしている(京都市下京区五条通高倉角)

 大学の課題の一つ。普段はイラストやウェブ制作などを学んでいるビジュアルデザイン学科デジタルクリエーションコースの3年生約30人が3チームに分かれ、3万円の予算の中でメニューや店舗作りに工夫を凝らした。指導する佐野亘・同大学非常勤講師は「デザイナーの卵として経済活動を学んでほしい」と期待する。

 「もち馬鹿」の店先では学生が威勢良く餅をつき、出来たてを「もちチゲ」やマッシュポテトとあえた「ポテトチーズもち」、チョコ入りの「チョコもち」などに料理している。学生の一人の植田智之さん(21)=伏見区=は「寒い時期なのでおいしい餅で暖まってほしい」と話す。店頭を飾る堤灯などの内装は同大学建築学科の2年生が手がけた。

 2月3~5日はたこ焼きを多彩なソースで提供する「たこ団子」、10~12日はパンのコルネをサラダやスイーツにした「high Corne」が登場する。開店時間は3日が午後5時、4、5、11、12各日が午前11時、10日が午後6時。有料。』
※京都新聞1/29付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファによる。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20120129000011

                                 ***

楽しそうですね。
何だか彼らの奮闘を思い浮かべてしまいます。
学校の教室だか研究室にこもって
ああでもないこうでもないと頭を抱え、
自分の考えをおっかなびっくり披瀝してみる。


そこら辺に転がっている学園ドラマではありませんが、
彼らを思い浮かべると
そんなストーリーがすうとついてまわります。


さてさて、話はガラリと変わって
今週末の金曜土曜と京都では私立高入試が始まります。


併願の生徒もいますし、専願の生徒もいます。
いよいよ来たな、って感じ。
いよいよだ!!ってな感じです。


毎年のことながら
何とも落ち着かない数日間です。
これを乗り越えた時に迎える喜びを想像、あるいは理解しつつも、
やっぱりしんどい時期です。


早く過ぎてしまえと思う時もありますが、
子どもたちはこの数日間でこちらが腰を抜かすくらい成長するんですよね。
それを目の当たりにすることを報酬に、
(予防のために)マスクをしつつ冷静に過ごします。


それがひと月続きます。
…それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/881-85052e5a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾