Entries

この時期にその質問はアウトだ

(中3受験生)生徒A
「先生、フレミングの左手?右手?ってなんやったっけ?」


塾長
「…………」


生徒A
「この指が……?」


塾長
「この時期にその質問はアウトやろ」


生徒A
「…だって忘れてんもん」


塾長
「疑問点の洗い出しは分かるよ。でもその質問の仕方は完全アウトやろ」


生徒A
「…………」


塾長
「この本で調べてみ」


生徒A
「…はい」






質問を積極的にする生徒はもちろん好ましいです(しないのが好ましくないということではなくて)。
しかし当該生徒は中3受験生。
質問の仕方が悪ければやはりたしなめます。


そして多くの中3受験生が
いわゆる自学自調(自主的・主体的に机に向かって、自ら疑問点の克服に挑む)の態度を示す中、
ふとした弛緩が教室の空気を損なわせます。


「フレミングはな~、この指がな~」なんて対応はもってのほか。
もちろんしかるべき質問には即対応します。
特に過去問着手の中で見出した未消化部分には「調べろ」なんて態度は見せません。
一緒に解いて、そして解決策を探ります(赤本の解答例が時に退屈、物足りないもんで)。


中には教室にある高校のテキストを愛用している生徒もいます。
一度軽く紹介したところ、その詳細な構成を気に入った模様。
こうやって自分で乗り越えていく経験をひとつでも多く獲得してほしいところ。


フレミングなんて私がひと言付け足せば
彼/彼女が直面していた瞬間の疑問は吹き飛ぶでしょうが、
その奥に潜んでいるグッチャグチャの頭ん中までは掃除できません。
その作業をするのは(この場合は)自分自身。


調べる際に活用するマテリアルは豊富にあります。
実社会でもそうでしょう。
もちろん高校進学後もしかり。
それを使うか使わないかの違いが本当に大きい。


繰り返しになりますが、質問の挙手を上げるアクションは素晴らしいです。
しかし、
そこにも質も求めていくタイミングがあるってことは学んでほしい。






生徒A
「先生、この本、すごく見やすい」


塾長
「おお~、えらいやん。ちゃんとノートに書き込んでるやん」


生徒A
「間違った問題とか分からへんだ問題はこうやってノートにまとめてんねん」


塾長
「もう高校行っても大丈夫やな。明日からでも行けるわ」


生徒A
「え!?合格!?」


塾長
「それは知らん」


生徒A
「…………」


…………
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/889-90de5a93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾