Entries

土曜日を活用した教育の在り方

平成14年度の学校週5日制完全実施から
早いもので10年を数えたとのことです。


それを踏まえて京都府教委・市教委が
有識者を交えて昨年1年間
週5日制なるものの議論を重ねたということです。


折に触れてその報告等がHP上で公表されていましたが、
そんなものを読むのはウォッチャーさんか私くらいか。
ともあれなかなか目の届くところにはないのが実情です。


とはいえ行政側はきちんとアクションを起こされていますので、
それをきちんとキャッチしなかった側のミステイクであることに変わりはありません。
そういった『隅っこにある』情報を
当ブログで可能な範囲でご報告できればと改めて思った次第です。


PDF形式の資料を府教委のHPよりリンクさせていますが、
とにかく25ページにわたる分量。
とはいえお読みいただきたい部分もありますので、
もしよろしければぜひご一読ください。


土曜日を活用した教育の在り方について(まとめ) 京都府教委HPより


まあ、資料等、小1から高3までを含みますが
それらすべてに言及するのは難しいので、
以下の私の評価なり感想・印象の類は中1~中3に限らせていただきます。


資料の6ページ(冊子上は3ページ。ただし、PDF上のページ数をこちらでは採用します。以下同)に、
土曜の生活実態をグラフに表したものがあります。


家庭内に関しては
家庭の教育力の向上を求める(文意より)、とあります。
ようはテレビばっか見せないで勉強させなはれ、といったところでしょうか。
これをいかに上手に伝えるか、私も苦慮しているのが実情です。
とはいえストレートに言うあたり、さすがとは思いますが。


7ページ目からは学習状況の報告があります(クワバラクワバラ)。
土曜の学習時間の劇的な少なさから、
有効に過ごすための取り組みの余地がある、とな。穏やかな表現ですね。


次いで、保護者の意識というページもあります(8ページ)。
半数の方がお子さんの土曜の現状に納得を感じておられるとのことですが、
7割ほどの方がやはり土曜日に何らかの取り組みを実施してほしいとあり、
その中でも学校での授業や補習・自習への要望は多い、ということです。


行政に対する主な態度としては3つあります。
①現状のままで良い(30~35%)。
②学校での補習や自習機会を望む(35~40%)。
③学校での授業を望む(40%。※小学生保護者の希望が飛躍的に高い)。


これらをもってして学校授業の開始(再開?)を望む声多し、とは言い切れませんが、
私ども塾業界にとっても対岸の出来事では決してありません。
需要という観点では(恐れながら)絶対的になくなりはしません。
私もプロとして指導力を鍛える毎日ですので、
土曜授業≒塾不要、とはならないでしょう。


子どもたちの負担増という見方に立てば、
さらにこちらの需要が高まるのではという意見もあります。
ともあれ我々も注視し、かつ皆さんと意見を交えなくてはとも考えます。


一方(ちょっとばかり触れにくい方面ですが…)、
先生方の認識と保護者のそれとはやはり開きがあります。
小中では8割に達するくらいの先生方が授業実施の不要を感じておられます。


…ウ~ン、難しいですね。
学習量からのご判断ではないと思います。
この態度には私も概ね賛成です。
ただ、組織に巣食う輩を擁護しようとは1ミリも思いませんので、それだけは付け加えておきます。


府教委というか有識者が並ぶ会議での声明としては、
①平常の教育課程に縛られない柔軟な教育活動が実施できること
②子どもと保護者が共に学べる機会が増えること
③地域住民をはじめ、平日ではつながれない、つながりにくい人々とつながれること
とのことです。


『生きる力』というキーワードがたびたび現れますが、
このように構えるとなかなか勉強一本槍とはいきませんね。
美しい日本語ですが、
この言葉(のありのままの受け取り方)にあまり反応しない私も確かにいます。


単なるひとつのトピックではなく、
構造的、重層的に絡むイシューですね。
いつものセリフですが…。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/893-8d10de44

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾