Entries

府立大、府立医大、工繊大、どんなタッグとなる!?

5月ですね。
ビージーズの歌が聞こえてきそうな新緑の季節(古いですね)。
4月の慌しい、気忙しいひと月が終わり、
よっこらしょっ、とひと呼吸置きたくなります
(あれ!?これって使い方間違ってる!?)。


…………(『若葉の頃』のメロディをハミングする私)


新しい季節が何とか腰をおろし、
また違った種類の新しい一歩を踏み出さなければいけない時期。
億劫になったりためらったり、
いわゆる5月病だなんて考えたり、
そんなタイムロスをしていないでどんどん突き進め!式の態度はちと古いか
(今日は何だかアナクロニズム)。


また違った種類の新しいこと、いろいろあると思います。
結構以前のトピックですが(放置していました)、
京都の教育界にも続々と新しい事象が降って湧いています。
本日は府立(工繊は国立)大学のイシュー。


京都府立大・府立医大・工繊大 共同学舎建設へ


                                 ***

 『京都府は府立大、府立医科大、京都工芸繊維大の学生が教養教育を一緒に受ける学舎の建設に新年度から着手する。異なる分野を専攻する学生がともに学ぶことで、刺激し合う効果を期待する。2014年3月の完成予定で、全国でも例がない施設という。

 新学舎は教養教育共同化施設(仮称)。京都市左京区の府立大敷地内に建設し、鉄筋コンクリート造り3階建て、延べ床面積9100平方メートルの規模。

 外観は府立大の本館と同様に屋根の軒を伸ばしたデザインで、大小の講義室やゼミ室、研究室を備えるほか、1階は一般の人も利用できるレストランも設ける。年間に3大学の学生約1200人が学ぶ。

    共同学舎 京都府が建設に着手する教養教育共同化施設(仮称)のイメージ図

 3大学は昨年1月、教養教育の共同施設を設ける覚書を締結。全国でも珍しいとされる教養教育の共同実施を目指し、府が施設建設を受け持つ。

 総事業費は28億円を見込み、府は2012度当初予算案に敷地の基礎工事分にあたる2億2千万円を計上した。13年度に本体工事に着手する。

 周辺の総合資料館や植物園を含めた「北山文化環境ゾーン」の再整備の一環で、府大学振興課は「3大学が共同施設でともに教養教育に取り組むことで、学生の多様な関心や知的欲求に応えられる」と話している。』
※京都新聞2/14付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20120214000062

                                 ***

一般教養と呼ばれる教養課程に関するテキストがあった書籍を最近読んだところですが
(実を言うと育星舎代表からの闘魂注入の宿題)、
著者である瀧本哲史氏は
偶然あるテレビ番組でお見かけして知っていました(NHK放送の『ニッポンのジレンマ』)。


そのことを念頭においてこのトピックに触れると、
この3大学の方向性に大いに期待してしまいます。


そしてこれも京都の子どもたちにとっては魅力的な選択肢たらんトピック。
植物園周辺が再整備されると
学習環境、研究環境としてますますランクアップですよね。


さてさて、
また違った種類の新しいトピックに事欠かない昨今ですが、
ひとつでも多く子どもたちに伝えていければと思います。


例えば府立大学や工繊にイメージが持てていなくとも、
植物園の周りで勉強できる幸運さはイメージできるというもの。
(まっこと失礼な書き方ですが)
よく分からない郊外や商業施設が隣接する地域にあるようなキャンパスは個人的にはノー。
そういった紹介の仕方もできますよね(もちろん上記の偏狭な視点は脇に置きます)。


何であれ子どもたちが上手くイメージしてくれるよう手助けができればと思います。
なるたけミスマッチを防ぎ、
そしてより上の環境で活躍できるよう引っ張っていく。
我々に課せられた仕事の大きさにたじろいでいてはいけません。


そういう意味でも、
現れては消えていくトピックスをひとつでも多く掬い上げて
子どもたちに提供できればと奮闘中。


と殊勝なこと書きつつも、
上掲記事内の画像がいちばん雄弁にイメージを喚起させていることに脱帽。
こんな環境ステキ!!ってな感じです。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/897-768738bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾