Entries

ここまで進んだ英語公用語化余波 もはや逃げ道なし!?

以前書いたブログに、
社内共通語を英語にする企業のテキストがあります。
楽天三木谷社長からの挑戦状 2010年9月2日付


それから英語に関するテキストをいくつか提出してきました。
小学英語が始まり、
京都市立中の英語教科書変更の話があり、
もちろん英語指導や英語教育に関して日々感じたことも
生意気にも書いています。


英語指導に正解はないのでしょうが、
効果的な学習や発展的な指導はそれこそ山のようにあるでしょうし、
不肖私もそのレシピを有しているひとりと
これまた生意気にも認識しています(ま、こう言えなきゃこの仕事は出来んでしょ)。


よって私の英語道は果てしなく続く。
長く、曲がりくねった道ですね。
いやはや、生意気盛りで恐縮ですが。


閑話休題。
冒頭のトピックの続報がありました。
こういった取材文は楽しいし、ためになります。


英語:社内公用語化 楽天とユニクロその後は…


                                 ***

 『楽天、ファーストリテイリングという二つの成長企業が、くしくも同じ2010年に打ち出した「英語の社内公用語化」。ついにここまで、と驚きをもって伝えられたニュースの「その後」を追った。日本企業に英語は定着する? しない?

 「楽天を世界一のインターネットサービス企業にするため」として、三木谷浩史会長兼社長が「宣言」した英語の社内公用語化。10年に入った頃から役員会議でまず導入し、幹部会議、一般業務へと広げてきた。

 「かなりの社員が、すぐに音をあげるんじゃないか」。当初、人事部の英語化推進プロジェクトリーダー、葛城崇さん(40)はそう予想したが、取り越し苦労だった。ほどなく、部署によっては国際英語能力テスト「TOEIC」の個人スコアを張り出し競い合う、進学塾と見まがう光景が出現。「海外のグループ企業から外国人が研修に来ても接触を避けていた社員らが、我先に話しかけるようになり、即席の英会話レッスンのようだった」と葛城さん。「英語の方がフランクに(打ち解けて)話せていい」と話す社員もいるという。

 今では、ほぼ全ての会議とメール、社内用SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への投稿も英語だ。社員は「Toメートルmy」などニックネームの名札を付ける。三木谷社長が日本語で話すのを聞いたことがない新入社員もいる。

 「最初は、日本人同士なのに英語で話したり、上司をニックネームで呼ぶのが恥ずかしかった」と打ち明けるのは、サービス開発・運用部の技術者、篠原英治さん(32)だ。英語導入当初のTOEICは660点で「限られた範囲内では業務上のコミュニケーションができるレベル」。会議では日本語交じりにしたり、ホワイトボードに英単語を並べたりして意思疎通を図った。「日本人同士の方が、かえって文法の間違いが気になった。内気な人には日本語でしゃべってもらい、周囲が通訳したこともありました」と苦労を振り返る。

 一見、非効率なようだが、日本語だと長くなりがちな報告メールは短くなり、資料の翻訳も不要に。業務軽減の部分もあることが分かってきたという。

 先日は、社内食堂でうっかり総菜を取り過ぎ、スタッフの日本人女性に「ワンサービング(1人1杯)!」と叱られ、ここまで英語が“浸透”しているのかと驚いた(食堂スタッフは英語化の対象外)。今では海外出張先でも英語で議論できるようになった。「お酒の場でも英語の会話を楽しめるようになりたい」と意欲的だ。

 楽天は英語公用語化への正式移行を今年7月とするが、着々と進んでいるようだ。

 一方、ユニクロを展開するファーストリテイリング(柳井正会長兼社長)は、一足早い今月から「母語が異なる人が対象の資料や会議は英語」が必須になる。本社社員と店長の約3000人はTOEIC700点以上が義務化された。社内向け学習プログラムやTOEIC受験は「業務」と位置付けられ、不参加の社員に対しては「怠けている」として受験料などの返却を求める。楽天とは温度差があるものの、経歴アップに英語が欠かせないことに変わりはない。

 企業の英語化は約10年前、カルロス・ゴーン社長を迎えた日産自動車などが唱えて話題を呼んだが、日産は公用語とはせず、役員が出席する経営会議などだけを対象とした。とはいえ、日本でTOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会による上場企業329社の調査では、7割が英語コミュニケーション能力の必要性が高まっていると回答。TOEICのスコアを昇進・昇格の条件にしている企業は16.9%で増加傾向にある。』
※毎日新聞3/3付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://mainichi.jp/select/biz/news/20120303k0000e020155000c.html

                                 ***

思わず襟を正してしまいます。
一般企業がこういった取り組みに関して
積極的に(というか危機感をもって)取り組んでいる一方、


教育界側にさしたる地殻変動はありません。
もちろん学習塾の属する教育産業という枠組みでも同様。
十年一日のごとく
受験英語を教えていれば(それがジャストナウのニーズであれ)早晩朽ちていくでしょうね。


その危機意識をもっとリアルにイメージしていかなければなりません(特に私は)。
危機感、すなわち切実な現実感覚ですね。


英語教育 会話力伸ばせ


                                 ***

 『国際的な人材育成 海外企業に派遣・各地に拠点校
 「全国学力・学習状況調査」で毎年、全国トップクラスの成績を収めている本県。高い学力を土台に世界に通じる人材を育てようと、県は2012年度から、コミュニケーション力を重視した英語教育の充実を目指す。12年度の一般会計当初予算案に1121万円の事業費を盛り込んだ。

 特に重視するのが、農業や工業などを学ぶ専門高校だ。県教委高校教育課の水谷佳延指導主事は「専門校は進学主体の普通科に比べて英語の時間数が少ないが、むしろ(高卒で)就職する生徒の方が実生活ですぐに英語が必要になる」という。

 「英語に触れる場数を増やすことで能力を引き出す」(水谷指導主事)ため、専門校の生徒を対象に2泊3日程度の「英語キャンプ」を行ったり、海外の企業に派遣して英語の必要性を肌で感じさせたりすることなどを計画している。

 また、県南、中央、県北の地域ごとに中学・高校から1校ずつ英語教育の「拠点校」を選定。話す・聞く・書く・読むの4技能ごとに「自分の大切なものについて、英語で簡単な説明ができる」「興味のある話題で1分間スピーチができる」など、段階的に具体的な目標を設定し、生徒の到達状況を定期的にチェックする。高校の拠点校は専門校から選び、周辺校にも取り組みを広げたい考えだ。

 このほか、秋田大、国際教養大と協力し、小学校から高校の英語教諭らを対象に研修会を開き、授業内容の充実を図る。水谷指導主事は「授業のコマ数を増やすのではなく、内容を見直すことで効果を上げたい」と話す。

 今春卒業する生徒の約7割が県内外の企業に就職が決まっている県立秋田工業高では、既に1、2年時に全員が初級学習者向けの英語テスト「TOEIC Bridge」を受験している。

 同校で英語を指導する山田美穂子教諭(39)は「今は海外に会社をつくる企業も多く、就職する生徒も『英語は避けて通れない』と感じている。英語を学びたいという土壌はある」という。「ただ、元々限られた時間の中でどれくらいできるか。効果は現場の工夫次第に思える」と話した。

 すべての授業を英語で行うなど、英語教育に力を入れる国際教養大の中嶋嶺雄学長は、英語のコミュニケーション能力の育成について、「現在の英語教育は受験対策が中心で、秋田県内の生徒でもコミュニケーション能力は低い。グローバル化に備えるのは大変いいこと」と捉えている。

 さらに中嶋学長は「児童、生徒の学力が高い秋田は、小学校から英語教科を取り入れたり、本学の留学生を活用して教育体制をさらに充実させたりするなど、先進的な取り組みを導入して、全国のモデルとなることを目指すべきだ」と話した。』
※読売新聞3/3付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20120302-OYT8T01093.htm

                                 ***

ちなみに先日付ブログで紹介した京都府教委の取り組みとして、
英語教員に自主的な学習を促すブラッシュアップ事業とかいうプランに対して
150万円の予算をつけるとあります。
それで英検準1級以上の学習を支援するとか。


英検…、とつぶやいてしまいますが。
まあ、準1級であればTOEICで700点は超えるくらいの程度でしょうから、
相当程度の英語学力を有していると言えるでしょうが、
やはり国際的な感覚から見て
英検を俎上に載せる段階で時代錯誤的な印象は拭えません。


ともあれ一般企業にお勤めの皆さんが懸命に英語を学んでおられる傍で、
我々が大学受験英語レベルに胡坐をかいているようでは教育者失格ですね。
そのことを痛感したイシューです。
よってこのテキストを書きながら胸が詰まる思い。


頑張らねば。
そしてそれを子どもたちに還元せねば。
その使命感で息苦しいです。


ハァハァ…。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/916-b57047be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾