Entries

私なりの『あれから1年』

あれから1年。
というメッセージが重々しく響いた昨日。
昨年の震災以降同様、
やはりブログなるメディアにおいて哀悼の言葉を重ねるのは容易ではありません。


そういった感傷や感覚を抱えつつ、
テレビプログラムなどで被災地の方々や著名な方々が発せられる
『前』を見た言葉の数々には考えさせられました。


一時の言葉は風化してしまいますが、
それらを体現した行動はこの国/時代を推進していくことでしょう。
これまで以上に
行政に向ける眼差しに自身の責任を乗せなければいけないと感じた次第です。


それを子どもたちにも私なりに伝えていきました。
先週1週間は、
授業の開始時の文句として「今週日曜日は何の日やった?」と
その日の進行表に日付を書き込みながら質問しました。


受験がなくなればその存在意義もなくなる我々の仕事かもしれませんが、
受験があるからこそ存在する我々かもしれませんが、


子どもたちの将来を照らす責を預かる立場という認識はあります。
こんな仕事そうありません
(ま、もちろん合格実績くらいしか意識の向かない塾長はいるでしょうが、
それも間違ってはいないと思います。それが我々に課せられた主たる仕事でしょうから)。


教育、という旗印を声高に叫ぶ立場にはないかもしれませんが、
子どもたちにダイレクトに関わっていることに変わりはありません。
受験指導に多くの塾講師が明け暮れた数日間だったでしょうが、
同様にこの数日間でいくつかのことを伝えられた感覚も少なからずあります。


「震災から1年!」と先の質問に多くの子どもが返してくれました。
震災という言葉である種の感情を共有しているはずです。
これを意識した受験生たち、生徒たちが
この先の時代を推進していくことを考えると悲観は減ぜられます。


そして子どもたちにそういったイメージや道筋を示すのが我々だったと強く認識しています。
受験と震災復興への態度。
学校以上に受験にストレートに携わっているからこそできるアプローチ。
青臭かろうが辛気臭かろうが、
海のものとも山のものともつかぬ、有象無象の只中でいかに教育を実践できるか、格闘中です
(ま、そのためにも合格実績を確実に強めていかなければ言葉に重みは付与されませんが)。


新たな1年。
『他塾とどこか、何が、どのように違うのか』という欄があれば、
授業形態や合格実績やカリキュラム等々はもとより、
まず私の思いが先頭に来るような
(そしてそれらが薄っぺらい美辞に終始することなくタフに機能するような)
強い学習塾にしていきたく思います。


ここで学習塾を再定義しても詮無しアクションでしょう。
よって私なりのアクション。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町の個別指導専門塾 育星舎『個別アルファ北野』 塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/920-d058f670

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾