Entries

家でいちばん陽のあたる部屋で

以前、といっても10年単位で測る以前となりますが、
手がすけば、というか暇を持て余して(笑)
書店の陳列棚、平積みされた新刊、話題の書をツラツラ眺めに行く
そんなことを毎日、あるいは毎週の行動のひとつとしていました。


例えば10年前なら大型書店がボッコボコ出現してきた時分ではないでしょうか。
京都でも老舗の書店が閉店したことがトピックとなり、
やはりそこに勤めていた私の友人がうな垂れていたこともつい最近のよう。


四条界隈の大型書店の出店、閉店、その淘汰されていく様を
比較的近しい距離で(といっても単なる客として)眺めていた私ですが、


ここ最近はネットでの書籍探しがほとんど。
実店舗にはついぞ足を運ばなくなりました。
これはいけませんね。
購買する類の本に偏りが当然出てきますし、
散歩ついでの書店巡りだったのでほとんど唯一の健康対策ももはや失われましたし、
界隈に点在する古書店にもなかなか足が向かなくなりました。


非常に危機感を抱いています。
件の友人たちは(私同様)自分の生活を粛々と送りつつも
以前のように本のイヴェント(書籍販売、関連ライヴ等々)を定期的に催しているようですので、
自分がいかに
活字(言うなれば活字文化)と文字通り離れてしまったのかを痛感するこの頃です。


書籍や活字で結ばれていた緩やかな共同体からの離脱、
そのことを考えると、
このブログを通して少しでも自分と本との親密な関係を取り戻していきたいと企む私。
厚かましさにかけてはなかなかのものです。


世界史本、思わぬヒット…不人気返上し30万部


                                 ***

 『古代から近現代まで、世界の出来事を通史的にまとめた文庫本が全国の書店で異例の売れ行きをみせている。

 世界史は「カタカナだらけ」「暗記項目が多くて面倒」「扱う時代が長すぎる」などの理由で日本史と比べて人気は低く、大学受験の選択科目でも敬遠されがち。購入の中心層は中高年で、今になって世界史の本を手にするのは、流行の「学び直し」に目覚めたのか。それとも日々変わる世界の政治情勢に対する関心からか――。

 上下巻で30万部を突破したのは、カナダの歴史家、W・H・マクニールの「世界史」(中公文庫)。原書は1967年発行で、2008年に文庫化された。「世界で40年以上読み継がれている名著」というキャッチコピーで東大の大学生協で人気に火がつき、一般書店にも広がって、この1年で急速に売り上げを伸ばした。

 5大陸で異なる発展を遂げた人類史を描いた「銃・病原菌・鉄」(草思社)も2月の文庫発売から上下巻で25万部。いずれも購買層は30~50歳代で、文庫で読める手軽さがブームに拍車をかけている。』
※読売新聞3/19付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.yomiuri.co.jp/book/news/20120319-OYT8T00227.htm?from=osusume&google_editors_picks=true

                                 ***

ご存知、山川出版の歴史に関する書籍がリヴァイバル?ヒットしているというトピックも
かつてありました。
歴女ならぬ歴男を追え! 2010年2/24付け


今回ピックアップの
W・H・マクニール著「世界史」は恥ずかしながら未読(というか氏自体をはじめて知りました)。
ネットで検索しますと
…面白そうなんだな~、これが。


で、ここまで来て
次のアクションはネットに掲載されている『サンプル』閲覧か、
実店舗に足を運んでのじっくり中身見(ナカミミ?)か。
前者は限られていますし、時にはフラストレーションの溜まるものでもありますから、


やっぱり書店の陳列棚の前に行って、
平積みされていることで話題の書であることを実感して、
店員さんの紹介文やポップを楽しんで、
書籍を手にとってゆっくりと項を繰る
(あるいは簡単な閲覧スペース・座席を配した書店が増えてきたのでそこでひとしきり味わう)。


そんな妄想をしてしまう午後。
春期講習の朝の授業を済ませ、14時から再び授業。
ブログを書かねばと強迫観念に襲われつつ、
雨がすっかり上がって
眩しい陽射しに思わず手をかざす、そんな詩的なブランク(笑)。


風はまだまだ冷たいですね。
とはいえ春の空気を感じます。
屋外では正直まだキツいでしょうが、
家でいちばん陽のあたる部屋で予備知識のない新刊を読みたいと思う今日。


W・H・マクニール著「世界史」だなんて素敵ですね(声に出すだけで気持ちがいい!)。
いや、
家には手をつけていない書籍が数ダースあるんだった…。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/927-18ba945c

トラックバック

[T29] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-03-25 21:04

[T30] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-03-27 11:39

[T31] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-03-28 16:34

[T32] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-03-29 19:28

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾