Entries

3学期制復活の兆し  通年制の京都市はどうする!?

昨年度の京都市立中学は2学期制を廃した『通年制』へと移行しました。
通年制!? 2学期制? 3学期制? あ~、ややこし。 ※2011年5月30日付 ぜひお読みください!


とはいえ、実際のところはさにあらずのようでして、


市教委の「2学期制を発展させる」という制度改革は
なかなか現場に受け入れられていない状況だ、という報道もありました。
ほぼすべての市立小学校が採用を見送り、
約半数が採用した市立中学校も大半が実態としては3学期制と同様、と京都新聞にもあります。


そして先だっての京都市長選における教育行政のアプローチに対して、
両陣営の舌戦というのかキャンペーンにていくつか明るみになったこともご承知の通り。
この『通年制』イシューも俎上に載せられた経緯があります。


その1年目が終わりましたが、はてさて、いかがだったでしょう。
「結局のところ、違和感の残るような変革はなかった?」と感じる向きもありましょうし、
制度それ自体に対する気持ちの悪さを公言される方もいらっしゃいます。
はてさて、反省や総括はいかほどに。


「3学期制」復活へ 高崎、小中校検討委、教育長に答申 群馬


                                 ***

 『平成14年からの「ゆとり教育」を契機に全国の約2割の小中学校が試行してきた「2学期制」。高崎市は23日、これを全面的に見直し、「3学期制」を復活させる方針を明らかにした。保護者の理解などを得た上で、早ければ来春に実施したい考えだ。実現すれば県内で2学期制をとるのは、玉村町だけになる。

                                  ◇

 昨年5月に就任した富岡賢治市長の意向を踏まえ、検討を続けてきた市の学期制検討委員会(委員長・池野正晴・高崎経済大教授)は23日、「3学期制とすることが望ましい」とする答申書を飯野真幸教育長に手渡した。

 同委員会によると、10月初旬の「秋休み」を境とする2学期制は、学期の“コマ切れ”を解消。定期試験や通知表を減らし、教員と子供とのふれあいを増やそうと導入された。

 だが、実際は小テストや「ミニ通知表」作成で、教員が子供と十分に接触できないケースが多かった-としている。

 保護者に実施したアンケートでも、夏休みや冬休みの前に通知表を求める声などが目立ったという。

 飯野教育長は「子供たちがさらに充実した学校生活を送れるように考えていきたい」と3学期制を復活させる考えを示した。新年度に教育委員会に報告。システム変更などを進める。

 県教委などによると、県内では15年度に旧榛名町(現高崎市)が初めて導入。19年度までに高崎市、玉村町、太田市、大泉町も加わり、全県で計68の小学校、計32の中学校が2学期制となった。

 このうち、太田市は26小学校のうち7校、16中学校のうち5校で2学期制を導入したが、21年度までにすべて3学期制に戻した。
 市教委は「2学期制は生活のリズムが保ちにくく、中学では3学期制を前提とした部活動の大会日程と合わないことも多かった」としている。』
※産経新聞3/24付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://sankei.jp.msn.com/region/news/120324/gnm12032402220002-n1.htm

                                 ***

市教委(に限らず府教委もですが)の迷宮のようなHPを入場したとしても、
その分かりにくさに閉口して諦めちゃいます(そういう風に作ってんの!?)。
ちなみに市教委のHPをご覧ください。
次に何に、どこに行けばいいのか…。早々に迷子と化します。


さらに意地悪な書き方をすると、
上記HPの検索欄に『通年制』と入れてもヒットしません。
ちなみに『2学期制』は何とか古~い情報に出会えます。


これって不味いですよね。
以前当ブログでも教育委員会の自己評価といった形のサイトをリンクして取り上げましたが、
それとて通常のHPトップから入場しないような代物。
もちろん私のテクニカル?な欠落による見落としもあるでしょうが、
ごく一般的な入り方でつまづくのであれば
テクニックもへったくれもありません。


こんな不手際な状況を放置せず、
ドド~ン!とバナーでも貼り付けとかなはれ、と思いますが…。
もっと経緯や総括を開陳しなはれ、と思いますね。


私の利用の方法に問題がないとは決して考えていません。
が、ユーザーフレンドリーだとも
どのように好意的に見ても思えません。


解釈に抜け道を作らせないためか何なのか分かりかねますが、
『開かれた』云々の美辞を並べるのならば
もっと開きなさい。


『通年制』のこの1年の総括を
ぜひ分かりやすいカタチでアナウンスしていただければ幸いですね。
「きちんとしてますよ、ホラ」って入り組んだページの奥の奥にあっても意味ないでしょう?


トップに持ってきても過剰ではないトピックなんですから、
正々堂々と胸を張って持論を展開していただければ真摯に読ませていただきます。
これ本心で。冗談でも趣味の悪い軽口でも何でもなく。


通年制?2学期制?3学期制?


あまり関係のないようで、
実はこういったことが指導カリキュラムに大きな影を落としているんです。
看過できません。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/931-2736abb7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾