Entries

卒業式ならぬ『留年式』だって! やるじゃん!!

こんな面白い記事を見つけました。
春期講習でなにぶん忙しくしていますので、ご容赦を。


ただ、転載に関しては
一般的に自分のテキストが『主』、転載するテキストが『従』にならなければならないようですので、
主か従かの判断は分量に負うところが多いでしょうから
そのあたりがちょっと心配。


ええい、ままよ。


埼玉大学で前代未聞の「留年式」 暗いイメージを笑い飛ばす


                                 ***

 『国立大学の埼玉大学で、卒業式ならぬ「留年式」が開かれた。学生主体の有志団体が「暗いイメージを抱かれがちな留年」を笑い飛ばそうと企画、運営したものだ。

 当日は学長自ら式辞を送って、留年生を激励。笑いたっぷりの式の中で、参加者全員が「来年こそは卒業」と誓った。

 埼玉大学は2012年3月23日、卒業式を行った。同大学広報によると出席した卒業生は1695人、保護者は500人を超え、盛大な式となったようだ。

その数時間後、今度は埼玉大キャンパス内で、「留年式」が開催された。式は動画配信サービス「ユーストリーム」でも中継。会場に設置された壇の近くには、学生による「留年式準備会」スタッフや来賓が座り、「留年生席」と見られる場所には10人程度の姿がある。式場は開放スペースで、傘をさした数人が外から様子をうかがっていた。

「これより平成23年度、埼玉大学留年式を開催いたします」
開式の辞の直後、なぜか鳴り響くファンファーレ。司会者が自己紹介を始める。「教養学部4年、来年から5年」と言うと、どっと笑いが起きた。企画した学生も留年が決まっていたのだ。

続いて留年生の代表1人に、卒業証書の代わりとして「留年記」が授与された。司会者が「本学所定の課程を修められず本学を留年したことを認めここに証す」と読み上げ、手渡す際に「残念です」と告げるとまたしても笑いの渦、後に拍手喝さいだ。受け取った代表者も、満面の笑みを見せた。

「サプライズ」となったのは、上井喜彦学長が式辞を寄せたことだ。本人は姿を見せなかったものの、司会者は「本物」だと繰り返し強調した後、代読を始めた。上井学長は「このような式は、おそらく埼玉大学創立以来初めてでしょう」としつつ、「みなさんのユーモア精神に、たくましささえ感じてしまいます」と評価した。一方で、「留年自体を歓迎しているわけではありません」とくぎを刺すのも忘れない。

ただし「中には、大学は豊かな知に満ちていて4年で卒業するにはもったいない、もっと吸収したいと自らの意思で留年する人もいるでしょう」と理解も示す。近年は経済的な事情から、留年となるなら退学を選ぶ学生が増えていると指摘した上井学長は、

「留年できるのはむしろ幸運かもしれません。4年で卒業する学生には経験できない、留年生ならではの濃密で有意義な1年を過ごしてください」
とエールを送った。

 埼玉大学は1949年、文理学部と教育学部の2学部をもつ国立大学として発足した。2011年5月時点で学部生7461人、大学院生1088人が学び、うち約3割は女子学生だ。学生数では教育学部が最も多い。

今回の「留年式」は、学生による自主的な試みだ。埼玉大学広報に取材すると「大学の公式行事ではないので、コメントは差し控えたい」とのことだったが、「卒業式をパロディーにして留年という『現実』を笑い飛ばそう」という学生のユニークな発想に、学長が柔軟に対応して「式辞」を寄せるあたり、埼玉大の自由な校風が想像できる。

こんな場面もあった。ミュージシャン・尾崎豊さんの代表曲「卒業」を替え歌にして合唱したのだ。実際の歌詞にある「ひとつだけ解(わか)ってたこと、この支配からの卒業」との部分を、

「ひとつだけ解ってたこと、今年4月からの留年。来年こそは卒業」
と変えて笑い合った。式の最後にも、大学の校歌をわざわざ短調のメロディーに直して全員で斉唱。本来なら力強く響き渡るであろうサビの「埼玉大学、埼玉大学わが母校」の部分の歌声が、何ともうら悲しく会場内に漂った。

式終了後、留年生のひとりは「卒業式で友人を見送った後、この会場に来ました」と話した。はかま姿の男子学生は「めでたく5年生に進級しました」とコメント。一方で別の学生は「やっぱり卒業はしたいです」と本音をのぞかせた。どの顔も落胆の様子はなく明るい表情だったが、来年の春は「卒業式」で笑顔を見せられるだろうか。』
※Jcastニュース3・26付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.j-cast.com/2012/03/26126668.html?p=all

                                 ***

やはりこのテキストの主役級の扱いは学長先生の登場ですね(登壇でないのが残念ですが)。
生臭い話をすれば
1年分の高額な授業料を『落としてくれる』彼らを無碍にせず
式辞という形での臨席ではありますが、
これにて『留年式』のオチがつけられたといったところでしょうか。


ただいま朝の授業が終わり、
先日のブログ同様
強烈なオブセッション(強迫観念)にてキーボードをたたく私。


本日の春期朝授業は小学生の生徒と『等差数列』の勉強をしました。
個人的には面白い単元ですが、
これを学ぶ小学生にとっても
この言葉が持つ高等な?響きにうっとりするんじゃないかなと思います。


で、テキストにはやはり公式がドドーンと書かれています。
それをよすがに進めるのは至極当然ですが、
そこに該当する数を当てはめていくだけの取り組みではダメです。


公式の理屈を追いかけ(じゅうぶん追いかけられますね)、
数字を当てはめるのではなく、ちょっと遠回りをして意味と対峙。
そうした上で公式利用や理解がより強固なものになっていくことでしょう。


かしこい(という表現でいいのか自信がないが…)お子さんほど数字を当てはめるだけで
設問の空欄をそそくさと埋めようとしがちです。
おっと、ここは一歩引いて、ルックアラウンド。
見た目が簡単な公式も意味が分かれば
そこからさらに公式理解を自分の手許に手繰り寄せられます(これホント)。


学校がお休みの期間は体力的に(普段より)余裕があるはずでしょうから、
どうぞじっくりと算数の問題などに触れて
大いに自分を鍛えてください。


窓を開け放った教室で生徒が頑張っています。
私もパチパチとテキスト入稿。
気持ちの良い風が流れていきます。う~~む、春ですね。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/932-965c926e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾