Entries

サッカークラブ内に学習塾 ~意識の高い指導者

長いですが、ぜひご一読ください。
サッカーが今回のテーマですが、これは別にその他何であれ結構だと思います。
勉強と何かを両立させたい!したい!と
お悩みの方こそぜひ読んでみてください。


サッカークラブの中に学習塾!?限られた時間の中でサッカーも勉強も頑張る


                                 ***

 『「サッカーを頑張りたい」、「勉強もしないと」、「でも時間がない」、「受験を考えるとサッカーを続けるのは不安」etc……。サッカー少年・少女、そしてその親御さんにとって「サッカーと勉強の両立」は永遠のテーマではないでしょうか。では、サッカークラブが塾をしたらそんな問題は解決するのでは?そんな大胆な発想を持ったジュニアユースクラブが香川県宇多津町にありました。

■父親として最善の策を考えた結果、はじめた学習塾

 「このクラブを2008年4月にスタートさせたときに、ちょうどサッカーをしている息子が小学校6年生から中学校に上がる時期で。それが全てではないですけど、チームを立ち上げた理由の1つであることは間違いないですね」。

 瀬戸大橋のたもと風光明媚な瀬戸内海を望む地にある人工芝サッカーコート「ユーヴィレッジ」横の事務所で笑顔をたたえて話しはじめたのは、山崎一哉さん。昨年「JFA PREMIER CUP 2011 supported by NIKE」に初出場するなど、四国内でめきめきと頭角を表しているジュニアユースチーム「FCコーマラント」を運営する株式会社ウイング代表取締役として、また、小学生向けのサッカースクールも行うユーヴィレッジや学習塾「翼」を管理運営する株式会社ユービレッジゼネラルマネージャーとして、多忙な日々を過ごしている49歳です。

 では、なぜ山崎さんはサッカークラブに学習塾を併設する考えに至ったのでしょうか?

「僕らが子どもだった時代は野球だけやっていれば、サッカーだけやっていれば、ないしは勉強だけやっていれば通用した時代ですよね? でも、現代は両方やっておかないと生きていけない。もっと言えばスポーツと勉強の両面で得たことを活かしていかないと就職ができない

 となると時代背景がそうなっていく中で、チームを立ち上げたときに失敗は許されない。子を持つ親として社会人としてそう考えたんです。さらに、最初はジュニアユースだけで始めたんですが、実際にはサッカーの練習と重ならないような塾は3年間を通じてとなるとなかなか見つからない。となれば、サッカーだけでなく勉強もここで教えていこうと思って、翌年の2009年4月から学習塾を始めました」。

 サッカーをする子どもを持つ親であり、かつ「ゲームの中で自分たちを表現してほしい」子どもたちを預かるサッカークラブの代表として最善の策を考えた結果。それが中学生対象の学習塾「翼」を立ち上げた動機だったのです。

■寺子屋風の学習塾「翼」。組立ては正に「サッカー的」

 さらに2年目の2010年4月からは坂井将司塾長(京都教育大卒)をはじめFCコーマラントのスタッフが先生となり、学校での授業とサッカーの進捗状況に合わせた「個別指導」に特化した形をとっている学習塾「翼」。現在はFCコーマラントの練習がない月・木曜日の週2回、カリキュラムを組んで50分3コマの学習指導を行っています。では、実際の授業はどうなっているのでしょうか?事務所2階にある塾の授業風景を見学させて頂くと、そこにあったのは寺子屋さながらの親身な指導でした。

 授業は3コマ授業のうち「個々が苦手科目を学ぶ」3コマ目。近年、いわゆる「ゆとり教育」から大転換を果たしたことを如実に示すテキストの内容は、英語では三人称単数の判別問題、数学であれば二次関数。地理であれば国と産業の関連性を問う問題。40代の筆者にとっては高校生レベルの難しさです。

 しかし、選手たち……ここでは生徒たちは本当に前向きでした。ある生徒は書き取り、読み取り。ある生徒は英語構文の暗記。ある生徒は問題解きに集中。「家に帰って勉強するよりここの方が楽」、「学校の先生は流れの中で教える傾向があるけど、ここではしっかり教えてくれる」と塾の感想を話す生徒たちはいずれも生き生きとしていたのです。

 その一方、大阪府屈指の進学校である豊中高校からセンター試験を突破し国立・鹿屋体育大学に進学。「勉強を教える立場の経験はこれまでなかったが、高校時代も勉強することは苦にならなかったし、これも1つのチャレンジと思って取り組んでいます。サッカーも直感だけでは難しいし、サッカーもテストでのペース配分のように限られた時間の中で筋道を立てて選択していくことが大事」と語る重野滋之先生はその様子を見守り、的確なアドバイスを伝授。時に冗談も言い合いながら共に高めある姿は、兄と弟の関係のようにも見えました。

 では、その指針をサッカーになぞらえて考えてみましょう。「3コマのうち2コマは高校受験でも必須の英語、数学。もう1コマは生徒たちの申告制で苦手なものを判断させている」(山崎さん)組立てをサッカーにおきかれれば、最初の2コマは「基礎練習」、最後の1コマは「自主練習」の関係と全く同じ。そして自主練習でコーチがしっかりポイントを抑えて指導するのも、先ほど記したアドバイス論と同じ。すなわち一見すると別物の「勉強」と「サッカー」は実は密接につながっている。そんなことが学習塾からの授業風景から見えてきたのです。

■サッカー、そして勉強。「楽しさ」の芽は確実に

「確かにそんな一面もありますね」と授業を終えた後、筆者の感想に素早く反応してくれた山崎代表は、FCコーマラントと学習塾「翼」との近未来像をこんな風に語ってくれました。

「今、僕の中で明らかな確信は得ていませんが、限られた時間の中でサッカーも勉強もしっかりしないといけない。吸収しないといけないという意識は出てきているのではないでしょうか。今後は勉強で得た感覚をサッカーで活かしてもらったら。そのきっかけを得てくれればいいと思っています」。

 サッカーが楽しくなれば勉強が楽しくなる。勉強が楽しくなればサッカーが楽しくなる。そしてそれが人生を進んでいく上でのきっかけとなる。まだ4年目を迎えたばかりのサッカークラブの中の学習塾ですが、「楽しさ」の芽は確実に、そして着実に瀬戸内に根を下ろしつつあります。』
※毎日新聞3/27付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://mainichi.jp/life/edu/news/20120327org00m100007000c.html

                                 ***

我が意を得たり、とポポーンと膝を叩きました。
私が(特に運動部の)子どもたちに常に伝えていることとつながっています。
ことスポーツに傾く子どもはやはり言葉を重ねています。


もちろん打ち込める何かを獲得していることの素晴らしさは理解していますが、
だからと言って人間形成に非常に重要(だと個人的には信じている)な勉強を疎かにしてはダメなはず。
ある生徒の部活の顧問の先生は
「勉強するヒマがあったら練習しろ」と仰っているそうですが、
勉強に気が向かない(言うなれば否定的な)子どもが
その他何であれ(特に長い目で見て)活躍できるとは信じられません。


学ぶ意識、謙虚に学ぶ意識、苦労して習得する意識、真面目に取り組む意識が
たとえスポーツでは発揮できたとしても勉強でスポイルされているのであれば、
その生徒ってその程度じゃありません?(素人の分際でおこがましいですが…)


私が関わってきた『ある競技で群を抜いている』生徒たち
(例えば甲子園出場や国体出場、ジュニアオリンピック出場)の多くが、
限られた学習時間を少しでも有益にしようと努めていました。
聞き知った練習のハードさを鑑みれば頭の下がる思いです。


翻って(言い方は失礼ですが)市内大会の域で奮闘している生徒の中には、
曰く練習で忙しいから勉強は二の次だ、と。
あるいは府下大会レベルのコーチでも
先ほど書いたような『勉強するくらいなら』論法の輩がいるのが実情。


志が透けて見えていますよね。
特に件の指導者には激しく批判したいです。
「だからですよ」なんて皮肉を投げかけたいくらいです。
子どもたちが不幸です。せっかくの機会を奪われるなんて。


もちろん苦しいシチュエーションでしょう。
だからこそ指導者にはそこで自分を鍛えろと励ますべきです。
間違えても学習の機会を奪ってはいけません。


上掲トピックの指導者の方々は現実的であり未来志向に長けてらっしゃいます。
そしてそれらを取り組んでいるスポーツ(ここではサッカー)に
確実にフィードバックされていることに私も深く学ばされます。


彼らの優れているところは
子どもたちの将来もきちんと見据えている(あるいはその努力を惜しまない)ところでしょうか。
『勉強するくらいなら練習しろ』式の指導者はいかがでしょう。
子どもたちにいかにこれからタフに生きていくべきかを伝えているでしょうか
(ハードな練習が強いハート、誠実な人間性を形成するのは百も承知していますが…)。


トピックの結びの言葉を引用します。
サッカーが楽しくなれば勉強が楽しくなる。勉強が楽しくなればサッカーが楽しくなる。そしてそれが人生を進んでいく上でのきっかけとなる。


このサッカークラブの子どもたちは幸福な出会いを果たしていますね。
私も子どもたちにとってそんな塾長であることをさらに目指します。
まだまだ遠く、曲がりくねった道ですが、
歩き甲斐のある道です。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/938-e7f02d0c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾