Entries

乙訓地域の進路実績 ~京都市も参考に

塾長
「修学旅行はどうやった?」


生徒A
「楽しかった!もっと行きたい!」


塾長
「…次は高校生やな(笑)。それまで勉強頑張れって感じなんじゃない(笑)?」


生徒B
「いまのメンバーで行きたいの!」


塾長
「友だち泣かせやな~。トラブルはなかった?天気はもってくれた?」


生徒A
「先生に怒られたくらいで特にナシ!初日の夜だけ雨が降ってそれ以外はバッチリ!!」


塾長
「何したん(笑)!?…まあ、事故もなく天気にも恵まれ、そんで楽しかった。ますます幸運やな~」


生徒B
「日頃の行い、というやつですね」


塾長
「…そうですね。…こうやってお土産もいただけて、幸せは巡り巡るものなのですね…」


生徒A・B
「ハイハイ」


塾長
「……ハイ、テスト!!テスト1週間前!!」


生徒A・B
「……なんのこと?」


という日程の中学校の多いこと多いこと。
ここに苦言を呈しても詮なしことですが(笑)、
…ひと言だけ。
定期考査というものが日頃の学習の成果を試すという側面を有しているのならば、
この日程はいささか気持ちが悪いですね(ハイ、ここまで!)。


閑話休題。
修学旅行という中学生活の大きなイヴェントも終わり(あるいはこれから控え)、
とうとういよいよ受験、進路という難敵と対峙しなければいけないタイミング。


楽なアクションではありません。
ましてや私を含めた親世代が経験した高校受験を取り巻く状況と、
いまの子どもたちのそれとは明らかに異質さが目立ちます。
それをご家族の方はもっと認識してあげてください。


寄り掛かるべき価値観があらかた崩壊し、
言うなればその瓦礫の上を右に左に日替わりで行き来する我々大人連中の背中を見る、
それがいまの子どもたちの進路を巡る物語の下地。


状況がどうであれ
私にできること(のひとつ)は情報を提供しつづけることだと認識しています。
そしてそれらのいくつかをキャッチしていただき、
砕片の上をザックザック歩みつづけるモティヴェーション、端緒のひとつとして
どうぞお側に置いてよね、と思いながら飽きもせず書いています(笑)。


そして今回はお隣の乙訓の高校受験に関わるトピック。
ここにも京都市の進む道を示唆するテキストがあります。


大学進学、3校平均は微減 乙訓、府立高の進路実績


                                 ***

 『向陽、乙訓、西乙訓の京都府立高3校は、今春の進路実績をまとめた。大学進学率は乙訓高が上昇したが、向陽高と西乙訓高が下降し、3校平均では59・4%と前年度に比べて1・1ポイント減少した。府立高全体の平均53・0%は上回った。短大は1・0ポイント増の9・0%、専門学校は3・2ポイント増の20・5%、就職は4・7ポイント減の3・8%だった。

 向陽高は卒業生227人のうち大学進学が11・5ポイント減の49・7%。主な合格先(延べ人数)は国公立が京都府立大、京都市立芸大、大阪府立大など延べ6人。私立が関西大17人、京都産業大15人、追手門学院大13人など延べ190人で、「関関同立」は延べ33人だった。

 昨春は大学合格が延べ277人と好調だっただけに、同高は「見劣りは否めない。学習合宿や進学補習など対策は打っているが、最近の生徒は早く楽になりたいためか、進学先を安易に選ぶ傾向がある」と課題を上げる。来春に向けては「将来進みたい道をしっかり考えて進学先を選ぶよう、きめ細かに進路指導する」と話す。

 乙訓高は192人が卒業し、大学進学率は19・1ポイント増の65・1%と大幅アップとなった。主な合格先は国公立が京都府立大と北見工業大の延べ2人。私立は佛教大18人、龍谷大15人、京都産業大14人、関大12人など延べ150人で、「関関同立」は延べ19人だった。

 同高は、今春の卒業生が入った3年前から、Ⅱ類1クラスと進学志向の強いⅠ類1クラスで、難関私立を目指したカリキュラムを組む「高大接続コース」を設けた。初めての結果について「土曜授業や朝の小テストなど地道な取り組みが実を結んだ」と手応えを強調し、「新3年生は模試の成績が良く、来春はさらに成果が見込める」と期待する。

 198人が卒業した西乙訓高は大学進学が4・8ポイント減の65・1%だった。国公立は滋賀県立大4人、京都府立大2人、滋賀大2人など延べ17人。私立は京産大28人、関大19人、近畿大18人など延べ224人で、「関関同立」は延べ40人だった。

 同高は、今春の卒業生から、2年生時点でⅡ類の生徒と進学志向のⅠ類の生徒を二つの特進クラスに再編成し、難関大学を目指す制度に変えた。大学進学率は下がったが、「制度変更の影響かはまだ分からない。国公立と関関同立の割合は例年並みだ」と説明。来春に向けては、教員でつくる進路検討会の頻度を増やすなどして進路指導の充実を図る。

 京都市と乙訓地域の府立高の入試制度をめぐり、府教育委員会は生徒の住所地で合格校を振り分ける総合選抜の廃止を検討している。私学無償化の影響に加え、受験生が1校のみ志望する単独選抜に移行すると、乙訓地域の3高校も今まで以上に競争にさらされる。

 近い将来の単独選抜への移行を見据え、向陽高は教員のプロジェクトチームを設けて対応を検討し始めた。今後、進学面での特色づくりに向けた動きが3高校で活発化しそうだ。』
※京都新聞4/27付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20120427000055

                                 ***

ご存知のように、
日本国内を見渡して京都市と乙訓地域とにのみ
住所地による振り分けを用いた高校入試制度、総合選抜が稼動しています。


良いか悪いかは正直なところ分かりません。
現実に即していない面が多く目立つ、という態度を貫いていますが、
それをもってして失敗だなんて鼻息を荒くもできません。
正解がない、というきれいに均された表現を使いたいものの、
私には目の前の生徒がたくさんいます。


事件は会議室で起きてるんじゃない!なんてはにかみたいところですが、
はてさて、
ギリシア悲劇のデウス・エクス・マキーナ(機械仕掛けの神)のように
エイコラと力業を繰り出してくれるモノの出現を夢見ますが(笑)、
それはまた別のストーリー。


それぞれの進むべき道について(もちろん親世代も自身のことについて)
じっくりと見つめるタイミングなのかもしれませんね。
過渡期と表現できましょうし、
成熟期を経た今後の在り方を見つめるなんてアクションは国家論にも繋がっていくイバラの道。


好むと好まざるとにかかわらず、
我々は今まさしくそのような時代にリアルに生きている(と書けば大仰ですが)のだと思ったりします。
思ったりしてシュン…てなったりします。


イカンイカン、子どもたちがいつも見ていますね。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/959-64fdfde2

トラックバック

[T61] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-05-18 21:30

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾