Entries

どうなる、市立看護短大の行方!?

これまたかなり以前から取り上げているトピックの続報。
特に看護系を志す生徒が増えている昨今、
気になりつつも何かしらキナ臭い側面も感じていました。


顛末を詳しく検めた訳ではありませんが、
行政の強引なやり方を批判する声が少なくありません。


詳細は門外漢に分かるはずもなく、
ともあれようやく決着を見たようです。
よかったよかったと書くべきなのか、
あるいは喉許をざわつく違和感に素直に従うべきなのか、
何ともやりきれない結末(さしずめ第一部完…といったところでしょうか)。


市立看護短大廃止で公募 教員受け入れ先 伏見・育英館に 京都市


                                 ***

 『京都市は10日、市立看護短大(中京区)の廃止に伴う教員の受け入れ先について、公募の結果、伏見区の学校法人育英館に決まったと発表した。

 育英館は日本での大学進学を目指す外国人向けの専門学校を運営。平成26年4月、市内で4年制の京都看護大(仮称)の新設を目指している。

 早ければ今年度末で廃止される同短大をめぐっては、門川大作市長が21年、佛教大に新設される看護学科への統合を発表したが、経緯が不透明なことから市議会で廃止条例案が否決。市がその後、大学を新設する予定の法人も対象とする公募形式に転換していた。』
※産経新聞5/11より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://sankei.jp.msn.com/region/news/120511/kyt12051102040003-n1.htm

                                 ***

教員受け入れ1法人 京都市立看護短大廃止で応募


                                 ***

 『京都市立看護短大(中京区)の廃止に伴って市が実施した教員受け入れ先の公募で、4年制看護大を新設して受け入れる意向をかねて市に申し出ていた伏見区の学校法人だけしか応募がなかったことが9日、分かった。市は今後、同法人との間で受け入れに向けた協議を進める。ただ、同法人の申し出を機に市が他大学との協議を打ち切り、公募を始めた経緯もあることから「出来レースだ」との批判も上がっている。

 応募したのは、日本で大学進学を目指す外国人向けの専門学校を運営している伏見区の学校法人育英館。2014年春をめどに市内で4年制看護大の新設を目指している。

 市は看護短大廃止に向け、看護学科の設置を計画していた市内の私立4大学と2010年から個別に教員受け入れの協議を重ねてきたが、条件面で折り合わず難航。その最中に育英館から打診があったため、市は4大学との協議を打ち切り、大学を新たに設置する法人も対象に公募する方針へ転換した。

 市によると、事前の説明会には3法人が参加したが、最終的に応募があったのは育英館だけだった。市は「府内の学校法人や近畿圏の私立大にも応募要項を送った。打診のあった1法人だけを念頭に置いたわけではない」と説明している。

 看護短大廃止をめぐっては、看護学科設置を予定していた佛教大に全教員を受け入れてもらうことで合意したが、協議の経緯に難色を示した市議会が廃止条例案をいったん否決。条例案はその後可決されたが、佛大は市との合意を白紙撤回した経緯がある。

 二転三転する市の対応に対し、看護短大に約10年間勤めた元教員は「看護師を育成する社会資本としての大学の価値を軽視しすぎだ」と批判している。』
※京都新聞5/10付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20120510000042

                                 ***

学校法人育英館(関西語言学院)HP


おもに中国からの留学生を受け入れているようですが、
その進学実績から本当に優秀な方々が所属されていることが分かります。
関西語言学院 『実績』 HPより


私がもともとが京都の人間ではないからか
その存在をこのトピックを取り上げるまで知らなかった訳ですが、
同様にご存じなかった方にお伝えするのであれば
伏見稲荷の真西、龍谷大学(深草キャンパス)や警察学校がある付近と言えば分かりやすいでしょうか。
子どもたちに対しては青少年科学センターのちょっと北と言えばOK?


受け入れ先も決まり、安定した経営を歩むと分かっていれば
ひとつの選択肢としてこれまで通り我々も考慮しますが、
正直な感想を書けば…
うまく飲み込めない、というのが実情(何のこっちゃいな)。


閑話休題。
冒頭にも書いたように
看護系に代表される医療系や福祉・介護系に対する関心が年々高まる傾向なのはご存知。
資格系を志す流れに変化が出てくるとは考えにくいですね。


看護師を目指している子どもたちにとって、
これが明るい話題になってくれることを祈るばかりです。
またぞろ方向転換だなんてお話はご免被りたいですね。


子どもたちは見ています。
その後ろにいる我々も見ています。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/968-d10e4a47

トラックバック

[T54] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-05-12 12:48

コメント

[C151] Re: 京都市立看護短大の行方は市立で4年制大學化を!

松元 敦子様

この度は当ブログへのご投稿まことにありがとうございます。
不勉強をはばかりもなく書き連ね、調査を真摯に継続されていらっしゃる皆さんにはその内容の薄さにより大変申し訳なく思う次第です。こうやって熟知された方々により補足していただけること何より光栄です。重ねてありがとうございます。

私どもでも複数の生徒たちより看護学校、看護科についての相談を受けています。京都市の対応については報道されている限りではありますが、子どもたちに正面きって説明してあげられない歯痒さを常日頃感じています。公教育の非採算部門に対する風当たりは強くなるばかりでしょうが、開かれた議論を経た上で、京都の数年後、数十年後を支える、造りだす子どもたちの育成に傾注していただければと思う次第です。

学習塾という偏った側からの発信ではありますが、教育行政の今後を見つめていければと生意気にも思っています。今後ともご指導、ご意見頂戴できれば幸甚に存じます。

取り急ぎ用件のみにて失礼します。
失礼します。
育星舎個別アルファ北野・衣笠 池田真一
  • 2012-06-18 16:21
  • 個別アルファ北野・衣笠
  • URL
  • 編集

[C150] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾