Entries

『リアル』!? 知らないのは私だけ!?

スマートフォンを含む携帯電話の(依存的)使用を憂うテキストには事欠かない昨今、
しかし私は拳を上げて『反対!抑制!禁止!』とは口が裂けても言えません。
ある自治体で
小中学生に対する携帯電話の利用そのものを禁じようという運動がある、と
先日のブログでも紹介しましたが、


都市部でそれを実施するのは非現実的
(これを乗り越えるくらいのポリティカルパワーを期待するのは、ちょっと違う気が…)。
まずは公教育の領域にもハードルは控えています。


イレギュラー極まりないスケジュールを連絡網を通して生徒所有の携帯電話に頼りながら、
かつスマホに代表される魅力的な機器をこれでもかと喧伝しながら(学割!無料!etc.)、
一方で子どもたちの利用にドシドシ介入していくことには
少しばかりはばかってしまいます。


これも毎回のように書いていますが、
魅力的な著名人、芸能人を広告宣伝に起用し、
これまた魅力的な機能をこれでもかと案内しています。
その娯楽性は浴びるように享受しながらもその利用にリミットをかけられるのは、
どの好意的に受け止めても気持ちの悪いもの。


商業主義をビシバシ叩き込んでおきながら、
これみよがしにモラリスティックな風を吹くっていうのに違和感。
年長者が諭す、制限する、コントロールするってのも頭では分かっているのですが…、
経済の中で大きなポテンシャルとして歯車を回している現状
(スマホのコマーシャルを制限できます?)、
なかなか容易には使用制限を叫ばれないというのが(ナイーヴな笑)私の立場。


とはいえ
ではこの状況をどのように改善するのか、と詰問されても口ごもるだけ。
そんな私の情けない現実を空しく見つめています。


紋切り型の抹香臭い青臭い物言いは割けたいところですが、
うちの子は大丈夫と決めてかかってらっしゃるパタンほど
お子さんが致命的な依存に陥っているケースがあると、ある評論家がこうのたまっていました。
さもありなんと思うところもあります。
塾に来てまで携帯ゲームに首っ引きな輩がいないとは言えないので…。


閑話休題。
SNSの爆発的な普及(というのも何だか古いかな…)により、
え、そんなものもあったの!?というサーヴィスに出くわすことも珍しくありません。
本日はその中のひとつ
『リアル』をご紹介。ご存知でしたか?


「リアル」利用、不適切書き込み急増 府・市教委が調査


                                 ***

 『京都府と京都市の両教育委員会による、児童生徒のインターネット上の書き込み監視調査で、短文をリアルタイムで更新する携帯用ミニブログサービス「リアル」を利用する子どもたちが増え、それとともに特定の個人へ向けた悪口なども見られることがわかった。リアルには短文投稿サイト「ツイッター」や「アメーバなう」などがある。両教委は「素早いやりとりが特徴で、不用意な発言につながりやすい」と注意を呼び掛けている。

 調査は、両教委がネット監視専門業者に委託して2010年9月に始めた。ネットいじめにつながりそうな表現や犯罪に巻き込まれる可能性のある個人情報の公開など不適切な書き込みを調べており、11年度は1万1929件を検出した。

 そのうちリアルは1778件で14・9%を占め、前年度の5・8%から3倍近く伸びた。アメーバなうや「デコログ」が多かったが、ツイッターからも初めて99件が検出された。最多は自己紹介サイト「プロフ」や日記風サイト「ブログ」で、合わせて8割を占めた。

 内容の9割が顔写真や校名、連絡先など個人情報の公開だったが、リアルでは7割強にとどまり、ほかの発信形態と比べると生徒の悪口や中傷などの割合が高かった。やりとりの中でけんかに発展したり、バイクの二人乗りやキセル乗車など犯罪の告白もあったという。

 業者は「多少でも推敲(すいこう)する日記型と違い、リアルなどのつぶやき型は会話のように素早い反応をする。いったん考えて書き込むよう指導が必要ではないか」と指摘する。

 府教委は、学校を通じ、書き込んだ子どもに指導を行う。「教員や保護者が子どもの利用実態を十分把握できていない」として、教員研修や保護者向けの広報にも力を入れるとしている。


 ■リアル■自分の行動や気持ちをリアルタイムに発信することを目的に、短文で更新しやすくしたミニブログサービス。主に携帯電話を使う。京都府、京都市の両教委の委託を受けて調査した専門業者によると、高校生の利用が多い「ツイッター」や中学生に人気の「アメーバなう」などがあるという。』
※京都新聞5/11付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20120511000043

                                 ***

生徒たちはいろいろと知っているようです。
何だか私のさらに知らない単語が出てきて軽くめまい。
良し悪しなど口を挟めません。
が、心配するところはもちろんあります。


ブログを書いてて何ですが、
情報の容易な発信は危険を大いに伴っていますよね(お前に言われたくない!?)。
私はどちらかというと一方通行な形態をとっていますので、
双方向のやり取りにストレスを感じることがほとんどありません。


しかし子どもたちが嬉々としてやっていることの多くが相手ありき。
もちろんそこには心理学上の根深い問題があるでしょうから
私の指摘など単なる表層に過ぎないのでしょうが、
不要なストレスに苛まれるようなケースも少なくないのではと勘繰ります。


使用を制限する(そういった類の設定を設ける)、
広告宣伝を制限する、
エトセトラエトセトラ、
書き出していくといくつか『これは!』というの出てくるかもしれませんが、
果たしてどうでしょうか。


保護者の態度が問われていることの大きさも考えさせられます。
と、丸投げのテキストに気持ちの悪さを自分に感じてもいます。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/974-70d4df93

トラックバック

[T62] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-05-23 00:08

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾