Entries

塾長ブログ再考 塾ブログって何用?

何かのトピックに触れるたびに
「お、これはブログで使えるな」という境地にまで来てしまった(笑)
私のブログ道。


もともとの発端はと言えば、
ある同僚による私の教室運営に対する助言から始まりました。
「ブログでもやってみれば?」


それが2009年の春先(まだまだヒヨっ子)。
ようやっと重い腰を上げて教室の様子をチョコチョコと書き始めたのが
同年の7月(7月16日が初船出)。
準備期間(躊躇期間?)の長いこと長いこと。


そのときに実は
どうせやるなら1年間休まず更新しよう、という計画をひっそりと目論んでいました。
そして無事連続更新達成を迎え、
その後は自分を律したマイペースで勝手に書き続けています。


と、私のブログ歴をダイジェストでご紹介。
あっけないものですね。
ものの数行で片がつく、何となく力が抜けます(甘い甘い!)。


と、繊細な一面を見せておいて(笑)、
学習塾におけるブログの意味を改めて(ヒマ過ぎて!?)考えるこの頃です。
まず前提としては
ビジネスとしての認識をきちんと持っているか、となるでしょうか。


もちろんベテラン先生方の中には集客や宣伝以上に
啓蒙にあたる部分をイメージして書いていらっしゃる方もいるでしょうが、
私見を書けばそれここれもお客さん(表現の至らなさはご容赦ください)あってのもの。
そこを度外視するのであれば
自費出版でも何でいいので(メディアは何であれゴミ箱直行であれ)書籍化するべきでしょう。


ブログを課金式にする形態もあるようですが、
塾ブログでそこまでやっている方を私は存じ上げていません
(ブログと称しながらも実質は営業メールとなっているものはよく目にしますが)。


実質無料のブログを利用するということは、そこには集客を前提に置いたイメージがあるはずです。
そこで疑問。その内容をどうするか?


近隣の塾さんが定期的に書いておられるブログ(的なものは)は
ほぼ講座案内・講習広告に徹していらっしゃるので、
これはこれで気持ちがよいとも言えますが、
私にとっては何だか物足りない。


かたやその他の塾さんのブログを見れば(ヒマだな~)、
昼食に何を食べただとか休日にどこに行っただとかそればっかり(ご丁寧に写真もアップ)。
塾長先生(あるいは講師の方々)の個人的な領域に触れられるものですが、
これも私にとっては首肯ならざる代物。


よって多くの塾長先生が取っておられる手法は、
上記の2点に学習指導法や教室点景、教育情報を織り交ぜたものではないでしょうか。
私もそうですね、可のなく不可もなくのようなテキストを書いてしまっていますが(涙)、


何とか子どもたちやそのご家族の皆さんに教育に関わるトピックをお伝えしたい、その一心です(よね?)。
結局のところそこに商機(これまた表現の至らなさをご容赦)があると信じています。
まわりまわって、めぐりめぐって、
私どもの教室のドアーを開けていただける、と。


HPを見ていただければお分かりのように、
プロ発注の素敵なサイトは(まだ!)私にはつくれません。
そこに書ききれない、表せない部分をこのブログで補完できればと思い、
日夜コリコリとキーボードをパチパチ弾いています
(おかげさまでタイピングが上達しました笑)。


…いつものように本稿の主題が消失してしまいました。
塾ブログ、塾長ブログの再考。
…んな、大げさな、という感想を改めて漏らしてしまいましたが(自分で書いといて!)、
この逡巡が私なりの助走だと信じて
より良いものをつくるモティヴェーションにしたいと企む次第です。


(ここからは自己宣伝)先日、
京都府の公立高校説明会日程をHPにて掲載しました。
おそらく京都でいちばん早くて充実した部類だと自負しています。
だから何だ!とお叱りを受けそうですが、
それが私の戦法(検索で上位にまだ来ない悲哀はありますが…。SEO対策の下手さですね)。


こんなことは大手学習塾さん傘下の教室長さんにはできないことでしょうし
(ま、そこに重きを置いていないだけでしょうが笑)、
私だからできる拙速な手段。
言い方を換えれば、私にしかできないジャブの連続。
だからこの分野の開拓をしないでね、という想い(笑)。


主題、表題、あらかた瓦解しました(苦笑)。
いつものように好き勝手書いています。
これを読んで「この塾なら子どもを通わそう!」なんて思わないですね。
イカンイカン!
昨日に続いて塾長として「何だかな~」なテキストを書いてしまった。


…軌道修正します。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/980-69f0a7ed

トラックバック

[T74] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-05-31 17:19

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾