Entries

あ、この人にはファンがつくだろうな

先日いきなり壊れた私のパソコン、
メールができない、社内ネットワークに入れない、インターネットに繋がらない、
と、ブログでも泣き言を並べましたが(笑)、
ある部品の接続にてようやく直りました。


同僚や保護者含め、その節はご迷惑をおかけした方が結構いますが、
停電の夜におもむろにパッと電力が復活した時のような温かい安堵を感じています。
大げさでも何でもなく、ただただひたすら純粋に。
そういえば停電なんてもう何年も経験していません(よね?)。
あ、関係ないか。


そんなこんなでネットと仕事との関わりの在り方を
(どちらかと言えば強烈な危機感を持って)再考している私ですが、
今回はそんな私の脇の甘さの披瀝でも何でもなく(笑)、


PCの故障にあたりお世話になった業者の方により
いくつかの示唆を(いつものように)勝手にいただいたお話を一席。


さてさて当塾代表により指定された件の業者さんの会社に行きますと、
予想通りと言いますか、
整然とした室内だけれどもそこここに陳列されてある機器類に目をくらませていますと
(超のつく機械オンチなので…)、
従業員の方々はどうやら接客中のようでしばし待機。
何だかお忙しくされているようです
(そのお仕事が何であれ受付カウンターの向こうの忙しなさに感心するのが好きな私)。


その合い間を縫われたのでしょう、
丁寧な対応をしていただき来訪の旨を告げました。


その際に接客中のお客さんのケアもきちんとされていて、
私を含め(おそらく)誰も気分を害していないと思われます。
これが下手クソ(というか無頓着な、無神経なやり方)だといずれの客も「?」となります。
それがやはり苛立ちに転換したり不信の下地を作るのだと思います。


そんなことをぼんやりと考えながらひとしきり待っていますと、
接客中の方が帰宅支度をされています。
PC用の大きなリュックを背負いながら
最後の最後までにこやかに過ごされている様子が何とはなしに分かります。
「また教えてや。頼りにしてんで~」。


私の番。
担当していただく方に経緯と現状を簡単に説明。
機械オンチの説明なので(かつ説明下手)、
自分のたどたどしさが何だか挙動不審というかどうしようもなく間抜けに思えてきます。


それでも担当の方は私が話し終えるまできちんと聞いてくださり、
私が使った表現、文言(おそらくは初歩的なという以前の程度)を元にいろいろと確認されていきます。
この時点で専門家に何とか説明していかねばならないあのストレスを感じることはあまりなく、
どちらかというと勇気づけられた格好で話を進めていました。


これは私の大いなる偏見ですが(とはいえ貴重な経験則)、
コンピューター関連の専門家なり業者と話す際、
どうしても気になるのがテクニカル・タームを多用してこちらを圧倒する態度が非常に多いことがあります。
日本語が存在しないディレンマを抱えてはいらっしゃるのでしょうが、
それを噛み砕けないスキルの無さには呆れてしまいます。


そして担当していただいた方は上記にまったくあてはまらない懇切丁寧さ。
瞬間的に『この人にはファンが多いだろうな』とひとり納得していました。
もちろん性質的な、雰囲気という意味合いでのものもあるでしょうが、
その姿勢や態度から受け取るサムシングが私をそう思わせたのだと思います。


それって大事ですよね。
どんな商売、どんな生活にも必要なことだと思います。
コンビニバイトをしていた学生時代、
そのお店のオーナーから『ダルそうに接客するような奴は何をしてもダメだよ』という言葉をもらいました。
そう思うことしきりです。
特に最近は強くそう思います。


翻って生徒たちにも生活の態度に近年言葉を重ねるようになりました。
耳の痛い言葉ばかりなので口うるさい塾長だと思います。
そしてもちろんそんな大それた言葉をかけるためにも自分の存在性を高めなければいけません。
カリスマ的には残念ながらなれないでしょうが(苦笑)、
発する資格の獲得くらいまでは目指したいです。


となると私はどのように転んでも超然としたタイプではありませんので、
このテキストでご紹介した方と同じく丁寧親身路線が妥当だと(これも生意気ですが)考えています。
そうやってファンを増やすぞ、と。…まだまだかな。…まだまだです。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/987-f9269708

トラックバック

[T85] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-06-08 07:42

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾