Entries

高校の先生が予備校へ修行に!?

表題はいつものごとく安っぽい煽り方(チープ・センセーショナル)で恐縮しますが、
私は肯定的にこの見出しを見ました。
私だってもっと他の環境で研修がしたいし、それがレヴェルの高いところであれば尚更です。


しかしその多くがもちろんのこと有料、というか決して安くはありません。
そらそうだ、大会場ともなると施設費だけで結構な額だもの。
それをペイしてなおかつ講演料となると参加者負担も上がるというもの。
我々目線で書けば、交通費に食費に(場合によれば)宿泊費に、そして参加費。
決して安くはありません。


それが普通一般の研修。
それら負担が自己負担もあれば会社負担もあるでしょう。
で、ここでトピック。


佐賀県立高教諭を予備校派遣、受験ノウハウ習得


                                 ***

 『県教委は、大学受験のノウハウを習得するため、県立高校の教諭を大手予備校などの民間教育機関に派遣する方針を決めた。県立高の国公立大の合格率はここ数年、低下を続けており、歯止めを掛けるのが狙い。県教委は「生徒の希望に沿った進学支援につなげたい」としている。

 県教委によると、派遣先としては、全国展開する大手予備校や問題集を作成する出版社などを想定。現在、派遣人数などを含めて調整を進めており、今夏にも実現させたい考え。

 派遣後は、教諭が習得したノウハウを共有するため、全県単位の教諭を対象とした研修会を開き、指導力アップを目指す。このほか、今夏からは、進学を希望する大学別などで受験講座を設け、生徒が学校の垣根を越えて自由に受講できる仕組みもつくる予定。14日開会予定の県議会6月定例会に提案される一般会計補正予算案に、教員の派遣費用や受験講座の開講費など総額千数百万円が盛り込まれる見通し。

 県内の現役高校生の国公立大学の合格率を過去5年間でみると、2008年度卒業生の17・9%(1277人)をピークに下がり、昨年度は16・1%(1077人)だった。ただ、全国統一問題の大学入試センター試験の得点率は、一定の水準を保っており、各大学が問題を作成する2次試験対策に、予備校など民間教育機関のノウハウを生かす必要があると判断した。

 県教委は「学校教育の現場に受験対策を持ち込むことに異論もあるだろうが、『他県に乗り遅れる』という危機感がある。県全体で取り組む時期」と説明している。

 九州・沖縄では、熊本県教委が10年度、大手予備校の講師から、高校教諭が進学指導について学ぶ「くまもと教師塾」を開講。大分県教委も同年度から、予備校講師らが高校生に大学受験の勉強方法などを教えるセミナーを開くなど、県立高校で民間のノウハウを活用した進学指導は全国的に広がりを見せている。
※読売新聞6/2付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/kyoiku/20120602-OYS8T00279.htm

                                 ***

英断だな~、と思いつつ、
費用負担が補正予算という文言に脱力。
これで先生方は「よし、学ばせてもらうぞ!」と思うだろうか。


ま、研修がすべて会社負担である私にも言えることですので舌鋒を丸めますが(笑)、
公的なものとなると意見を言いたくなるというもの。
切実さ(や言うなれば危機感)を持って勉強されることを納税者としては願うばかりです
(直接的な影響なり計上がないにしろ、京都でも起こりうることですので)。


もちろん学校教育に受験対策が前面になることへの危惧はあるでしょうが、
その意見を後生大事にする体力が今の公教育にあるかというと疑問。
かといってそれを軽視すると軽口を叩いている訳ではないことは付け加えさせてください。


とはいえ教務指導に関しては我々もプロを自任しています。
進路指導に関しても然りです。
それを効果的に活用していただく機会があるというのは不幸とは反対のことだと思います。


社会の在り様がそうであるように教育の在り方が変わっていく現在、
これまでとは種類の違う柔軟さ、受容力が必要ではないでしょうか。
そしてそのことをクヨクヨと考える私もまた、
そういった能力なり態度、具体性、方向づけにまだまだ勉強が足りないとクヨクヨとします。


盤石の、とはなかなか行くことのかなわない境地です。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/992-a060b518

トラックバック

[T108] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-06-27 12:11

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾