Entries

海外留学を目指す公立高の専門学科

先週は勝手にグローバル月間、略してグロげつ(…何のこっちゃいな)。
勝手気ままに
おもに英語にかかわるイシューを取り上げてきました。


前回の東大トピックでネタ切れかと思わせつつ(笑)、
ストックからまたぞろ引っ張り出してきました。
今度は大阪。市長(前府知事)が大変元気な土地です。


はてさて、教育に関わる発言を(より獲得しやすいメディアにて)
どこの首長よりも発信してきた件の橋下氏ですが、


就任時良好な関係とは思われていなかったであろう府教委からの新たな提言。
これは明らかに氏の影響下にある発展的な取り組みだと思いますが、
どうでしょう、うがった見方でしょうか。


大阪府教委:海外留学目指す「グローバル科」/職業訓練と両立「デュアル学科」 府立高に来年度新設へ


                                 ***

 『大阪府教委は、海外留学を目指す生徒を育成する「国際科(グローバル科)」と、職業訓練と学業を両立させる「デュアル総合学科」を13年度から府立高校に設ける方針を固めた。少子化や私立高の授業料無償化に伴って激化する生徒獲得競争に備えて、特色ある学校づくりを進め、生徒の多様なニーズに応える狙いがある。

 16日午前の教育委員会議で事務局が提案した。国際科は和泉高校(大阪府岸和田市)に、デュアル学科は布施北高校(東大阪市)に、それぞれ開設する方針。

 国際科では、留学時に語学力を測る目安となる英語力認定試験「TOEFL」対策や、国際社会・経済を学ぶ授業を実施。デュアル学科では、近隣の工場や商店での実習を単位認定したり、社会人として必要なマナーを習得させ、職業観を養う。両学科とも定員は1学年約80人を想定。府全域からの出願を可能とする。

 4月に施行された府立学校条例では、3年連続で定員割れした府立高を統廃合の対象にすると定めており、生徒獲得に向けた魅力づくりが課題となっている。』
※毎日新聞5/16付けによる。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://mainichi.jp/area/news/20120516ddf041100016000c.html

                                 ***

またもや横文字の(よって雰囲気が先行してしまう)学科の設置ですが、
京都は一歩先を行かれた印象ですね。
ま、ここ京都は大阪が高校入試改革を断行する傍らで、
この時期に及んでもまだ会議会議の案内ばかりですから(中2の気持ちをお考えで?)。


それはさておき、
高校教育においてより具体的な、戦略的な、脱ドメスティックな方向性が目立ってきました。
近年のおもに理科系のアカデミックなオリンピックしかり、
ピサ型(PISA型学力)イシューによるクヨクヨ度から見ても、
あるいは地球規模(グローバル)な経済活動云々となるともっと明確でしょうが、


高校教育におけるゴールの在り方が本当に多様化してきました。
多様化だとか細分化だとか分類化だとか何何化だとかできれば使いたくありませんが、
これに代わるマッチする言葉が今は見つかりませんので、
したり顔で使用することをどうぞお許しください。


上掲トピックの『グローバル科』もその流れのひとつなんでしょうが、
ちょっとばかり空気が読めていない感がしないでもありません。
というのもこの期に及んで英語推し?というところ。


これほど上級学校(最高学府)のトップイシューとして文理横断の語学エキスパート養成が叫ばれるの中、
あまりにも文科系科目(もちろん主に英語)に傾いた専門学科に絵図はあるのだろうか。
京都にも英語に特化した学習を謳ったコースや類型はありますが、
(立場上表現は控えますが)それらがしかるべき進路選択をかなえているかというと疑問です。


『英語が好きだから』系の進路選定を危惧する声は増える一方です。
いかにその中で(不得手だと推測される)理科系科目を鍛えていくか、が大きな命題。
それを謳わなきゃいけないはずだとは思いますが、
容易な方面に流れちゃったなというのが私の(身勝手で)率直な感想です。


今後の流れとして確実に理系に対するアドヴァンテージを強めていかなければならないと思います。
学習塾のキャッチフレーズとしてもこれまで以上に目立ってくるのではと考えます。
公教育がそれらしいアクションを提示していると思わせておいて、
実のところは従来通り世間との(耐え難い)ズレを露呈したのではないでしょうか。


ちなみに『デュアル』ってデュオとかデュエットとかで馴染みがあると思いますが、
2重のとか、2つ同時にとか、ようは2つのという意味です。


…何か分かりづれーよな。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/996-e3a71132

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾