Entries

言われたことを言われた通りにする

ネガティヴな印象を抱く表題かもしれませんね。
ひと昔、ふた昔前なら
この言葉の美点をいくつでも挙げられたでしょうが、
いまは21世紀。
ナシだって自分らしさを主張する時代です(笑)。


ただし、習い事の世界(例えばスポーツやピアノ、絵画やエトセトラ)では
この言葉は当たり前。
これに対しては口惜しく感じる毎日です(笑)。


これってご家族の方の態度も表れている部分は小さくないと勝手に推測しています
コーチの言うことをなんで聞かへんのや!なんて怒号がお父さんの口からも聞かれそうです。


翻って我々。
子どもたちが設問を間違うパタンのひとつに、
言われたこととは違うやり方を、
もっとストレートに言えば
言われたやり方を端折って自分流の解き方でガチャガチャやるケースがあります。


当然間違えます。
そしてさらにイヤになります。
もっと悪ければ悪態をつきます。


言われたことを言われた通りにする。
勉強に関してもこれってものすごく大事だと思います。
もちろん1を伝えて10できる子もいるでしょうし、
言われたことから抜け出して自分流に(軽やかに華やかに)向上していくパタンもあるでしょう。
でもそれって例外。
いまはそんなお話をしている訳ではありません。


スポーツや習い事の指導者の言葉に耳を傾ける真剣さでもって、
私の言葉を聞いてほしい(…魂の叫び)!
もちろんこの背景には私の日頃の対応がまだまだ不十分であることがあります。
池田のやり方を信じてやれば絶対に出来る!前を向ける!
という確信を子どもたちには抱いてほしい限りですが、現実はまだまだ道半ば(スタートライン付近?)。


話が横に流れていきましたが、
ようは言われた通りにする素直さが必要ですよ、と。
繰り返しますが、その素直さを引き出すには発信側の力(魅力)も要ります。
しかし、受け手側の態度はそれ以上に必要ではないでしょうか。


計算問題。なかなか安定してこない。理解力がないのか。
いえいえ、不安定な子どもの多くが自己流でやってるだけです。
言われた通り、きちんと丁寧に筋道を追っていけば必ず乗り越えられます。


アルファ北野・衣笠にて最近私がよく発する言葉(計算単元ばかりなので)。
「そのやり方誰が教えた?」
「そんなやり方教えたヤツここに呼んで来い」


「学校の先生やったらどうする?」とこちらを試す生徒はいないとも言えません。
「呼んで来い。こいつの人生を台無しにするな、って言うたるわ」
「…そんな大げさな」
「それくらいのことやって。復活するチャンスはナンボでもあるけど
お宅のやってることはそれくらいのことでっせ、って言うたるわ」
「…学校の先生もこのやり方教えてない」
「分かってるわ!ナメるな!」


特にいまは計算単元。基本的だけれどもこの1年を左右する内容です。
お子さんのノートやワークをご覧になってください。
普通、よほどの単純な問題でない限り、途中式は(正答を導く上で)必ず必要です。
それがなくて答だけってことは、ぜひ疑ってかかってください(別の紙などにやる場合は除く!)。
さらに悪ければ答えを写しているだけってパタンも否定できません。


まあ、ネガティヴなことばかり書かないでおこう!
何かで行き詰っていると時こそやり方をチョロっと変えてみましょう。
ぜひこの軽やかさをお子さんにお伝えください。
プラス「先生の言われた通りにすればきっと光が見えてくるよ」ともお伝えくださいね(苦笑)。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/997-e368e1da

トラックバック

[T94] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-06-16 15:35

[T95] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-06-16 16:46

[T101] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-06-21 01:23

[T102] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-06-21 01:23

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾