Entries

スタートダッシュ、その後どうなった?



冬から春にかけての塾チラシでよく目にする『スタートダッシュを!』式惹句。
その結果(のひとつ)となる中高の定期考査までひと月を切る時期になりました。
連休を経て、5月中盤~後半にかけて多くの学校で行われます。


(スタートダッシュの成否は)言うまでもなくテスト結果だけで測れない部分があります。
新しく塾の門を叩いたような皆さんにとって、
塾で予習をした内容を学校で復習するスタイルが当たり前になってくれば、
平常の学校授業において困る場面はあまりありませんし、安心して受けられます。


このアドヴァンテージは決して小さくありません。
その余裕が板書写しだけに終始するような状況を回避させてくれますし、
先生方の発言の隅々にまで気が配れる状態を作ってくれます。
授業全体を俯瞰する視点があれば、より確信を携えた学習に近づけます。


また、3月は学習進度が収束に向かいますので、いろんな面で余裕ができます。
よってこのタイミングでどんどん先取りし、しかるべきタイミングで振り返りを行うことで、
1学期の歩みがより確かなものになってくることは大げさに言っても言い過ぎることはありません
(かつ夏休みで2~3学期分と着手することで年間の歩みが安定してきます)。


一方で、その余裕を簡単に食いつぶす態度に出てしまう層も少なからず存在します。
「それ塾でやったし~」と平気でのたまう連中ですね。
だいたいが毎回の授業の様子でその態度が滲み出ていますので、
この回避や予防もまた予習型を推進する側の大事な方向付けになってきます。


他の生徒の学習機会を奪うだけでなく、自身の補完の機会をも台無しにしている愚行ですので、
この両者の観点により、
これから先どれだけ偏差値を上げようと(勝手なお世話ながら)その末が心配になってくる生徒となるでしょうか。


閑話休題。
スタートダッシュを語る上で大事な観点を上で二つ紹介しましたが、
以下に、当塾で3~4月と過ごしてくれた春入会の生徒たちが示したスタートダッシュの一例を紹介します。


【小5男子】
受験にしろ非受験にしろ、伸びしろを意識したい小5の1年間です。
計算は当然のことながら、割合や図形などの単元も本格化してきます。
特に割合や速さ、比や比例の単元について、
文系の人間が現実多い学校の先生方の指導を安心して受けるためにも、
予習型のアドヴァンテージが文字通り生命線となる状況も考えられます。


さらに、前回の拙ブログでも紹介しましたが、
近年取り組んでいる教材(京都が誇る出版社『都麦出版』さんの読解シリーズ)に関して、
自作のワークシートを作成しましたので、ライティングの観点から作文指導を軸に行っています。


幸いにもご賛同いただいていますので、
目先の結果の大事さを重々承知しながらも、『ほんの少し先』の絵図も共有していきたいです。
私のチャレンジングでもありますので、楽しみつつ、勉強や反省を重ねなければと嫌な汗をかく毎回です。


【中2女子】
もちろん英数の1学期内容は終了しています。
良し悪しの判断をする立場にありません。が、その歩幅を調整する躊躇は不要です。
グラウンドデザインを共有し、そして細部の微調整を施していくことが出来る段階ですので、
4~5月の学校授業を安心して、あるいは批評的に過ごせている現状です。


あとは5月連休明けの2週間ほど反復を重ね、
初戦である1学期中間考査の結果がその『スタートダッシュ』の正体を浮かび上がらせてくれます。
私は戦々恐々の冷や汗しかかきませんが(苦笑)、
自信喪失の入会前から一歩前進した心持ちになってくれていることに楽しみが顔を覗かせます。


その5月の準備、この過ごし方で1年のテストとの対峙の仕方が見えてきます。
理論上は何でもかんでも上手くいきますが(苦笑)、
いやはや何年経験を積もうが落ち着かない私です(汗)。


【高1女子】
普通科と言えども、学校間によって学習内容はさまざまです。
アルファベットを書かせる英語課題を連休までに課した高校もあれば(事実ですよ!)、
青チャートの分厚~い範囲をすでに課題宣告されている生徒もいます。


ともあれ4月の前半分で演習を重ねることが出来ました。
サクサクと授業が進み始めますと、どうしても演習量が伴ってきません。
(例えば複雑な因数分解など)数問やったきりではなかなか対応しきれません。
その反復課題を課す学校と、それを生徒に委ねる学校、それぞれのやり方に沿った的確なサポートが肝要です。


英単語テストの年間予定を知らせてくれた生徒もいます。
1年を通して単語帳をやり通す方法論を全否定はしませんが、
やらせたい(orやらせてますよ!)学校と何となくやった気になれる生徒との妥協の産物と化す危険性を孕みます。
そのことを伝え、塾における英単語との付き合い方を少しずつ伝えています。


また、SVOCの文型指導もまだまだ気が抜けない単元です。
他動詞や補語の解説に自信がない人間にあたると不幸/不運ですので、
時制と文型が高校英語の先頭に来がちな現状、サラリと、しかし重厚に取り組みました。


以上、ふしみ育星舎2年目のスタートダッシュをご紹介しました。
冒頭でも触れている通り、中間テストの結果をして語らねばならない部分もありますので、
それと併せて後日ご紹介できればと企んでいます(とは言え心配は尽きませんが…)。


連休前の来週1週間、
テスト準備のマインドを共有しながら、
その具体的行動をしっかりと形にする時間を過ごしてもらいます。


受験が終わったのも束の間、
またまた新たな試練の時が今年もやって来ました(苦笑)。
楽しみでもあり、…不安を無理矢理に飲み込む毎回です(汗)。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。







それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『ふしみ育星舎』室長  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導

新学年/新学期が始まりました



15日間の春期講習も無事終わり、
あっという間に新学期が始まりました。
「担任の先生のお名前は?」「…忘れた」というズッコケの返答もいくつかありつつ(汗)、
とうとう始まったなという感覚を私も新たにしています。


さて、3月中からメールなどにて新年度開始に係る配布資料のご提供をお願いしてきましたが、
ご理解とご協力を得て少しずつ新年度の援護態勢がイメージできつつあります。
毎年毎年同じことの繰り返し、
という方針であれば楽であるのですが、言うまでもなくそんな状況など考えられません。
皆さまのご協力に重ね重ねお礼申し上げます。


また、年間カレンダーや年間カリキュラムのご提供をいただく中で、
新たな取り組みにチャレンジなさる学校の様子も見えてきました。
例えば毎金曜日にある課題を渡し、そして翌月曜日に小テストを行う、
そんな年間予定を立てられた学校もあります。


そんなチャレンジングを歓迎しつつ、土日の有効利用という相応しいお題目が
過剰な部活動の実践により雲散しないよう切に願うとともに、
サードプレイス(the third place)としての当塾の在り方も改めて示していかねばという思いです。


閑話休題。
新学期開始後、実力判定テストの類が続いています。
高校生は(休み明けの)課題テストやスタディサポートに府立高実力テスト。
そこに新高1は宿泊など含むオリエンテーションもありますので、
いきなりの忙しい、そしてこれからの1年を占う大事な初月となる格好です。


所属生の新高1連中は、新しい友だちや検討中の部活などのことでキャピキャピと輝いています。
彼らに「…(私大の)オープンキャンパスがあるのだが」と水を向けていますが、
実情はそれどころではない、というところでしょうか(苦笑)。
よってこちらからの繰り返しの声掛けが欠かせないのだろうと判断しています。
じゃないと勢いのある水の流れに身を任せる毎日になるのが明々白々なご様子ですw。


中学生は、新中1が今週(多くが本日でしょうか)にジョイントプログラムの最終回に臨みます。
学習確認プログラム同様、その扱いに学校間、教師間のギャップが見られますが、
『テストと名のつくものはすべて公式戦』というイメージを植え付けるためにも、
この入学後第1回目のテストを意欲的に取り組んでほしいところです
(昨晩は新中1にその対策を施し、そしてその意義を伝えましたが、果たして…w)。


お膝元の京都教育大学附属桃山中では新学期早々に3種のテストが行われます。
今週と来週とに振り分けられた業者模試~課題テスト~中3全国学力調査と正対し、
この1年間の学習姿勢のプロトタイプを意識してほしいところですね。
特に今春の附属高における大学実績を目の当たりにしたからには、相応の意識改革が不可欠です。


小学生の皆さんは、『テスト!』と意識づけられる類のものはありませんが、
接続を意識した学びを引き続き実践していきましょうね。
受験組、非受験組とお預かりする当教室ですが、やるべきことや目指すべきことに差異はありません。


小学英語のトピックも目が離せませんが、情報を共有し、より良き手を講じていければ幸いです。
ご存知のように2018年度からの改革にて600~700語の英単語に触れることになります。
これがどのような学び、あるいは負担、そして評価体系になるか、まだまだぼんやりとしているのが実情でしょうか。


また、作文指導をひとつの軸にしていきたく考えています。
年間を通して『ある教材をベタ~とやり続けていく』という手法を脇に置き、
ライティングを通して来たる構造的な、事件的な入試改革に立ち向かっていく覚悟です。


一介の塾講師が制度や改革や未来や、などに自身の態度を挟むべきでないという声もあります。
目の前のことを愚直にやる、とはキレイな言葉ですが、
そんなことは単なる前提なので敢えて言う必要はないでしょう。
そして皮肉なことにこんなことに行を費やす必要はないだろうと嫌な汗をかく次第です(汗)。


さてさて、
当塾『ふしみ育星舎』の2017年度、そして開校2年目が本格的に始まりました。
日常に追われて、全体の(あるいは旧年度の)整理が追い付いていない、
という誰しもが抱える課題を私もひとり分きっちりと(というか人並み以上にw)抱え込んでいます。


例えばカレンダーが前月のまま放置されている、という環境に誰も自分の子どもを預けたくありません。
そんな当たり前にヒヤヒヤしながら、実のところまだまだ整理整頓が追い付いていない現実をごまかす毎日です。
4月、フワフワしてしまいそうな毎日の、貴重な船着き場、あるいは錨として当塾があるよう努めます。
教室の掲示物も一新せねば…(大汗)。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。






それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『ふしみ育星舎』室長  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導

2017春期講習15days



先月3月23日(木)より始まった2017年度の春期講習。
残すところ本日含めて4日となりました。
今週に入り春らしさがグッと増し、近隣の学校の桜も開花してきたようです。


さてさて春期講習。
ある兄妹は連日文字通り朝から夕方まで通いつめました(10時~18時半)。
新中1の妹は、数学が正負の数~文字式~方程式(一次方程式、連立方程式)~不等式、と進み、
体系数学~新中問発展の該当単元をそれぞれ2周するペースで奮闘しました。


英語は(こちらも文字通りw)アルファベットからbe動詞と一般動詞の見極め、
そして諸々のルール確認~時制導入(三単現S)まで走り抜きました。
こちらも同様に自作教材を経て新中問発展と実力完成問題集を反復し、足腰を鍛えた運びです。


新高1の兄は数学の俯瞰から始まり、
黄チャート~青チャート、そしてサクシードの1学期単元を2周しました。
教材別の程度差を肌で感じてもらい、入学後の演習量不足が想定される状況をイメージしてもらいました。
ゆえの反復。サクサクと授業が進む進学校は各自で反復作業をしなければなりません。


そして反復には時間を要する、という当たり前を認識してもらいました。
入学後に部活や7限8限など少しずつ時間的に厳しい状況となっていきます。
そういった中でも薪をくべ続ける態度を維持できるか、
むずかしい課題ですがその対策の一端を感じてもらえたと自負しています。


先輩高校生たちの反復の状況を伝え、
それゆえの模試結果であったり考査結果であるリアルを共有できました。
入学前課題の作文にしたためたように、
自分の為すべきことを粛々と行える強さを、辛抱強さを今後さらに意識したいですね。


一方、予習ばかりではなく新小5の生徒は四谷大塚算数小4上下を反復しました。
特殊算に興味深く取り組む生徒ですので、『○○算』と口にする心地良さ(?)だけが先行しないよう、
そしてよくあるとりあえず回を重ねていく(そしてそれらが上に積んでいかれない状況)だけに留まらないよう、
基本解法を確認しながらみっちりと練習を重ねられた格好です。


まぁ、いずれの生徒も概ね(どこの塾でも変わらない光景でしょうが)先取りに励みました。
学校の丁寧な授業でしっかり復習できるよう、先取りの意義も重ねたつもりです。
ここでサボりをかましてしまうとこれらの準備など簡単に雲散してしまいます。
学校授業で復習する、特に小中学生はこのスタイルの効果を意識して取り組んでいきます。


新高2の生徒たちは授業担当講師と志望校に係る話を重ねてもらっています。
そしてその方向性にきちんと沿った学習カリキュラムを意識しています。
国公私立と混在していますが、机を並べることで相対的な評価をもっと意識してもらおうと思います。
初夏~初秋に繰り広げられるオープンキャンパスにもイメージを持っていきたいですね。


さてさて、春期講習での予行演習期間を経て、
この4月より入退室メールを始動させました。
ようやく…、という嫌な汗をかいてしまいますが、
照れ臭そうにICカードをかざす当初から、すっかり当たり前の光景に少しずつなってきたでしょうか。


このひと月は(私の方で)慣れない局面もあるかと思いますが、
付加メッセージの更なる意義向上など、恐縮ながら少しずつ構築していきたく考えています。
何かご不明な点やご質問等ございましたらどうぞお寄せください。


追伸、となりますが、
今春は前教室の5名の卒塾生(とそのお母さまも1名様)がわざわざ丹波橋まで顔を見せに来てくれました。
当塾本部の北野白梅町エリアから丹波橋までの距離なんて地図上ではたかが知れているものでしょうが、
バスや電車を乗り継いで来てくれた生徒たちにとっては結構な小旅行だったことでしょう。


お土産を持ってきてくれたり楽しい近況を伝えてくれたり、
いずれのタイミングも指導生徒がいたため十分な(というかまったくの)歓待ができませんでしたが、
嬉しすぎて嬉しすぎて言葉がありません。
2年目の伏見でもゆくゆくはこの光景を見せてくれたら…、と淡い期待と野望を抱いています(苦笑)。


「センセ、前の教室ではそこそこ人気あったんやな(ニヤニヤ)」という新中2女子の針の一突きをかわしw、
来週からの通常授業再開へとエネルギーをいっぱい貰った次第です。
今週末~来週頭と入学式/始業式。
気持ちをまたまた引き締めて、春の少しぼんやりしてしまう時間をキュッと立たせていきたいです。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。






それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『ふしみ育星舎』室長  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導

ふしみ育星舎 開校1周年カウントダウン



ひな祭りの本日、
ふと昨年のカレンダーを検めますと、
3月11日(金)に担当所属生(高校)の学年末考査の全日程が終了し、
翌12日(土)付にて当塾伏見学舎に赴任したとあります。


形のうえでとは言え、
最後に送り出した中3受験生(北野個別10期生)の中期選抜結果を見ることなく本部を後にし
(もちろんその他生徒たちの学年末結果や成績も)、
ひたすら申し訳のない転属となった1年前をぼんやりと思い出しています。


そして13日(日)に入塾説明会を行い(数組のご参加あり)、
14日(月)には旧生徒より私大後期の結果報告を受け、
週半ばに調整休講を3日間だけ設けて本格的な引っ越し作業を独り細々と行いました
(ある同僚講師の献身的な助太刀により何とかカンとか教室の形が整いました。I先生、感謝!)。


翌週21日(月)から春期講習を出たとこ勝負で開始し、
前教室の卒塾生がフラリと(?)顔を見せに現れ(大汗)、
春が夏になり、夏が秋になり、そして秋が冬になり、年が変わり、


そしてそして何だかそのまま今日現在に至る、
…みたいなバタバタ感にて1年を過ごしてきた感覚を実は今もひっそりと抱いています(苦笑)。
ひとりで動く身軽さと引き換えに、いろんなものを今回の選択は後ろにさせたところでしょうか。


昨年2016年3月以降、
育星舎グループ伏見学舎は少しずつ、しかし確実に様変わりしてきました。
いくつかの新しい形を提案し、外観内観そのものをごっそりと変更し、新たな講師陣となり、
そして育星舎グループ内でも単独部門としてまったく新しい船出をした格好となりました。


本部北野での10余年となる多少なりともの経験を試そうと、文字通りもがく毎日を過ごしています(汗)。
そういった機会と環境を惜しみなく与えてもらえる『いま』をきっちりと捉え、
伏見丹波橋、伏見桃山の地(どちらかというとまったくイメージの無かった土地)にて
ジタバタと汗をかいた1年、近年には(どうしても)なかった緊張感に包まれた1年間でした。


今春、ようやく入退室メールの安定したシステムを導入することができます。
京阪丹波橋、近鉄丹波橋、ともに徒歩1分ですので遠方通学者(宇治、田辺方面など)がいます。
また近隣の小中学生に対してもご家族との情報共有をさらに濃いものにしたい思いから、
転属したタイミングより「導入する導入する」と言い続けてやっとこさお約束を果たせる格好です(汗)。


3月の発送に同封しました案内をご覧ください。
合わせて春期講習の申込用紙も入っています。
ご希望をお寄せいただき、また必要に応じて記入いただきご提出願います。


年度初めの面談もぜひご検討ください。
まだまだ胡散臭さが勝っていたであろう初年度を何とか乗り越え(汗)、
ほんの少しは信用に足る存在になっていればと願うところです。


学年末の成績や模試結果、春からの新しい授業形態や進路相談など、
万が一目の前にどんよりと雲が立ち込めているような視界なのであれば、
何とかしてパーッッ!と晴らしてみせたいと思うとともに、その一助になればと思います。


伏見丹波橋/伏見桃山の学習塾、『ふしみ育星舎』2年目、
やってみたいことがまだいくつかありますし、
もちろん言うまでもなく
目の前の生徒たちの学力向上、意欲引き上げ、学習習慣の確立、そして志望校合格、
そんな『当たり前』を最優先課題としながら2年目の歩を運んでいきたいと考えています。


当テキストを書き殴りながら(キーボードをうち殴りながら)、
ほんの少し感慨深い時間を勝手に送りました。
そんなことは5行くらいでまとめろよ、と私の中の別人格がいつも呆れております(汗)。


さあ、中期選抜に向けての最後の週末。
中高一貫校生、高校生たちにとっても貴重な土日(一部高校は入試のおかげで変則的ラッキー日程w)。
明日土曜午前9時、明後日日曜午前9時、ここでまだまだ1点を積み上げられますよ。


ジタバタと奮闘しよう。
周辺/周縁知識の集積がきっと目の前の難問に風穴を開けてくれる。
『準備万端の人にチャンスが訪れることを、…幸運と呼ぶの(キャリア、…ウーマン)』


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。






それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『ふしみ育星舎』室長  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導

伏見育星舎の高校生部その1



本日3/1(水)は多くの高校で卒業式が執り行われましたね。
2月頭に卒業式のある洛星高校を別にすれば、
初春のほんの少し柔らかい空気を感じながらの新しく、そして素晴らしい門出でしょうね。


本当にご卒業おめでとうございます。
心よりお喜び申し上げます。
ただいま、卒塾生の顔を思い出せる限り一人ひとり思い出していますw。


ということは、在校生の多くが本日は昼までor休みです(笑)。
よって早くから開けてほしい/開いていますか、との声。
ちょうど学年末考査期間ですので、これ幸いにこのタイミングを活用しましょうw。


閑話休題。
高校受験が始まり、そして結果が返ってくる中で、
継続して通塾する声を有り難くも頂戴しています。


自信をもって送り出した式の物言いで高校カリキュラムを信じ切るのはいいのですが、
多くの場合、あるいは半分より少し少ない割合で、
受験期に培った(と思われる)学習習慣の崩壊を目の当たりにしている身としては、
クールダウンからさらに新たな立ち上げを支える覚悟の必要を感じています。


商機、と片付けられない部分もあります。
手塩に育てた(と思いたい)生徒たちが楽しい(だけの)高校3年間にうつつを抜かし、
中3秋以降の怒涛の佇まいをあっさり放棄している様をどのように受け止めればいいでしょうか。
自慢の講師力(あるいは塾力)とやらも形無しです。


受験で人間性を養う、社会で勝ち抜く基礎体力を育成する、式の言葉を掲げようと、
受験後たったの数か月(あるいは数日間)で崩壊している(ごく単純な)当たり前を特殊化してはいけません。
そこに人間の弱さだとか一流二流だとか持ち込む必要もありません。
継続できる、持続可能な努力を(高校受験をした上での)中高6年間で示したいです。
(こう書くと『ほどほどの』と受け取られかねませんが汗)。


「この塾に入ってうちの子は変わりました!」という言葉を毎年のように頂戴し、
私自身、感謝や感激、感動に包まれます。
そのときの安堵や充足感は次の1年間を支えてくれる貴重な、そして欠かせない燃料となりますが、


短期で変わった人間性を歓迎こそすれ否定しませんが、
『(おもに環境によって)変わりやすい』傾向が孕むこの先の問題点を共有しなければなりません。
全速力で駆け抜けた後のバタン、そしてそこから自身を再び立ち上げていかねばならない作業の消費エネルギー、
たくさんの時間を共に過ごしてきたからこそそっと見守りたいと思う一方で、
現実として『変わりやすい』傾向による誤った方向性を軌道修正せねばならないことも少なくありません。


進路指導において進学後も任せられる高校への手引きや案内は最低限の職責です。
ただし、いかに環境に十分な準備が施されていようと、
それを活用するのは10代の若者たちです(あるいは私たちと何ら変わらない流動的な、暫定的な存在)。
進学後の支えも時には(あるいは往々にして多くの場合に)塾サイドが声を大にして伝えねばならないことかと考えます。


2月より私学組の中で3月までの継続を行っている現中3がいます。
高校準備を描いていましたが、高校からの課題が思いのほか多くてまずはそれらを解消。
その後、高校準備やこのひと月で伝えられることをひとつずつ差し出していくつもりです。


3月からは前期組の生徒が再開します(そして進学後も継続して通塾)。
ここは遠慮なく高校準備を行っていきますので、10日間ほどのブランクができましたが、
クールダウンを実施し(ここ大事だと思う)、そして来る3年間の絵図を改めて共有していきたいと思います。


中期組は正念場。
しかし2月に決定した友だちやクラスメイトたちの様子を見て考えることも少なくありません。
その点、人間性という観点による教育的意義が皮肉にも叶っている側面がありましょうか(苦笑)。
また、2月決定組の継続通塾を見て「私も来るで」という判断を下した生徒もいます。
両手を広げて迎えるという意味は見出せませんが、この比較的幸福な接続をしっかりと守っていきたいと思います。


さてさて、通常受験期間は日曜日を開室しています。
冬期講習後は原則この態勢ですので、
正直この在り方(なり価値観)が王道なのか一流なのか皆目見当がつきません。


今回、ある生徒(中3受験生)の状況を見て先週の日曜日を閉室としました。
ツイッターでも(事前&事後)報告しましたが、有難いことにこの判断にご支持が頂戴できました。
何でもかんでも良いとは思いませんが、必要な生徒には必要な措置だったと自負しています。
もちろん言うまでもなく私のリフレッシュとなり、家庭不和を脱するきっかけにもなりました(苦笑)。


久しぶりの団欒に感謝するとお母さまから報告いただき、
私の呟き通り『本を読み、季節の食材を口にし、春の散策を楽しんだ』とのことでした。
何でもかんでも、誰彼なしに通用する考え方では決してありません(そもそも本を読まない連中が多すぎる)。
ピンポイントで設定し、そのピンポイントのために教室全体の動きを合わせました(良い悪いの判断は保留で)。


さあ、高校受験生は残すところあと1週間を切りました。
国公立大の2次中後期も迫っています。
2017年度の受験シーズンもあとわずか。寂しいような、早く終われと祈るような(笑)。


高校卒業式の本日、
おこがましくもこの生徒は私と出会って幸運だったか、はたまた『比較的まだまし』だったか、
あるいは可もなく不可もなく、別に誰だって良かったんですけど~的な?などなど、
そんなことをクヨクヨと考えていますw。


ただいま明日より期末の中高一貫校の中2と数学特訓中。
夕方になり、何だか雲行きが怪しくなってきました。
と、(朝から書き始めて)やっとこさ書き終えるところで細かな雨が降り出しました。
夕方、雨の日は特に家路へ急ぐ車が速度を上げていきます。気をつけて塾にお越しください。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。






それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『ふしみ育星舎』室長  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾